ここから本文です

開花しちゃうかも!?「チェキ」で育む子どもの感性

東京ウォーカー 6/28(火) 6:00配信

子どもはいつも撮られる側。でも子どもにカメラを渡したら、何を撮影するのか興味はない? ふだん何を見て、何を感じているのか。子どもの心には何が映っているの? 

【写真を見る】チェキで撮ったら、空いたスペースに貼り、自分だけの図鑑を完成させよう

そんなママの思いに応えるツールとして「チェキ」が注目されている。チェキといえば、撮ったその場でプリントが出てくるインスタントカメラ。プリント写真を気軽に楽しめるので、コミュニケーションツールとしてママ世代に改めて人気となっているのだ。

5月に発売された「“チェキ”instax mini 70「写真のない図鑑」セット」はチェキを使い、親子で作る図鑑だ。名M前のとおり、最初は一枚も写真がない。付属のカメラ「チェキ instax mini 70」で写真を撮り、世界に一つだけの図鑑を完成させる仕組みとなっている。親子で街に出かけるきっかけにも、絆を深めるツールにもなるのだ。

何を撮ったらいいか親子で迷ったら、図鑑にある「被写体のテーマ」を参考にしよう。テーマは、「いぬ」や「くるま」などのモノから、「かっこいい」や「おいしい」などの感情まで16種類。カメラ片手にスタンプラリー感覚で、外の世界を冒険することができる。子どもの感受性が溢れる写真の数々に、ママもパパも我が子の成長を実感するはず。成長記録としても家族の宝物になり、親子がそれぞれ同じテーマで撮って見比べるのも面白い。子どもの意外な才能を発見できるかも!

何度でも撮り直せるスマホやデジカメは、確かに便利。けれど、昔ながらのカメラが切り取る、決して消すことの出来ない輝く瞬間も、素敵!【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:6/28(火) 6:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。