ここから本文です

松井珠理奈と元AKB48・川栄李奈が「死幣」で共演!

Smartザテレビジョン 6/28(火) 6:00配信

7月13日(水)からスタートするテッペン!水ドラ!!「死幣」(TBSほか)に、元AKB48メンバーで、現在女優として大活躍中の川栄李奈が出演することが分かった。

【写真を見る】松井と川栄は今回の共演を大喜び

今作では主演・松井珠理奈扮(ふん)する南由夏の同級生・林絵里菜を演じる。TBSのドラマには「ごめんね青春!」('14年)以来約2年ぶりの登場となる。

川栄はAKB48を卒業してから松井とドラマで共演するのは初めて。現役AKB48グループのメンバーと卒業生がドラマで共演するのは「マジすか学園」に続き2度目だ。

川栄は昨年8月にAKB48を卒業してから、放送中の連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(NHK総合ほか)では実直な仕出し屋の娘を演じ、「早子先生、結婚するって本当ですか?」(フジテレビ系)では人妻を演じるなど、女優として演技の幅を広げている。「いろいろな役を演じたい」と女優としての目標を語る川栄は、現在さまざまなドラマに出演し、それぞれ違う役を演じていることを素直に喜んでいる様子。

AKB48に所属していたころ、川栄は松井とあまり接点がなかったそうで、意外にも「2人で写真撮影するのは初めて!」だとか。また、卒業してから現役メンバーと仕事をするのはまた違った感慨があるようで、撮影の合間には先日行われた「第8回 AKB48選抜総選挙」で3位だった松井に「おめでとうございます」と声を掛けるなど、終始和やかな雰囲気で現場は行われた。

同ドラマは「呪われた一万円札=死幣」を手にした人間が次々と不可解な死を遂げるという本格ホラーサスペンス。女子大生・南由夏の友人がある日突然、怪死を遂げる。死体の周りには大量の一万円札、そしてその福沢諭吉の両目にはどれも黒い染みがついていた。

その後、由夏の周りの人間に「死幣」の呪いが襲い掛かる。仲間たちが次々と不可解な死に見舞われる中、由夏は刑事の若本と共に、ある法則性に気付く。

その中で、川栄はおしゃれと恋愛とスピリチュアルに夢中な明るい女子大生・絵里菜を演じる。ゼミ周辺で起こる変死事件に対して一番恐怖感を抱いている絵里菜は、占いや水晶などスピリチュアルなものに依存してしまう。

【川栄李奈コメント】

私がAKB48を卒業してから、珠理奈さんとドラマで共演するのは初めてです。珠理奈さんとはAKB48にいた時に一緒にドラマをやっていたのですが、「マジすか学園」以来、卒業してからメンバーと一緒に撮影できる機会はあまりないので、すごく不思議な感じです。

私が演じる絵里菜は占いなどスピリチュアルなものを信じている女子大生です。私自身、当たると評判な占い以外は信じないタイプです。パワーストーンとかも持っていないです。なので、私と絵里菜はあまり似てないのかなって思います(笑)。でも、絵里菜の会話のトーンなどは自分っぽいなと感じました。

このドラマ「死幣」はホラーサスペンスですが、お金が関係して事件が起こるミステリー的な面白さもあります。台本を読む限り死に方がエグいので、どんな映像になるのかすごく興味があり、ワクワクしています。まだそういう怖いシーンを撮っていないので、今後そういうシーンが増えていくと思うとドキドキします。

血が飛び出したり…、撮影が楽しみです(笑)。実際ホラーは好きで、よく見ます。血が出たりしてグロい作品も好きですが、怖がりなので見た後は、すごく怖くなります(笑)。実際にもし死幣が手元に届いたら? 絶対使いません! 死ぬんですよね? 生きたいです(笑)。

AKB48卒業後は女優として“朝ドラ”などいろいろなドラマに出演させていただき、それぞれ違う役をやらせていただいているので、本当にありがたいです。いろんな役をやりたいとずっと言ってきたので、今たくさんの役柄を演じられていることはうれしいです。

自分では霊感がないタイプだと思うんですが、変な音には敏感です。ホラー系を見るのはすごく好きなのですが、実際に自分にふりかかると全く駄目です。心霊体験もしたことがあります。ホテルで寝ようとした時、上の階の人がすごくうるさくて言いに行こうかと思ったのですが、実は泊まっている部屋は最上階だったという…とっても怖かったです。

珠理奈さんと会うのはことし3月の「ミュージックステーション」以来です。このドラマの現場に入ってからは、つい先日行われたAKB48選抜総選挙について“3位おめでとうございます”という話をしました。私はそれをテレビで見ていたのですが、全然関係ないのにすっごく緊張しました(笑)。出ている時とはまた違う緊張感で、楽しかった反面ドキドキもしました。

珠理奈さんはじめ、同世代の俳優さんたちが集まったところで撮影するのは本当に久しぶりです。みんなで高め合いながらこの夏一番怖いドラマにできたらと思います。こういうドラマはありそうでなかったし、本当に続きが気になる作品です。過激なシーンもありますが、次回の展開を楽しみに見ていただけたらと思います。

【松井珠理奈コメント】

川栄ちゃんが演じる絵里菜は良くも悪くも思ったことをすぐに言っちゃうタイプ。でも川栄ちゃん自身はその真逆で、いつも周囲に気を配っていてそれがとても自然体に見えるんです。だから絵里菜を演じる川栄ちゃんを見るのはとても新鮮でした。「こういう女子大生って、仲間に一人はいるよね」って思えて、優等生の川栄ちゃんの印象だったけどお芝居でこんな一面も出せてすごいなぁって。

私はドラマの撮影中ずっと緊張しっ放しなので、川栄ちゃんの顔が見られてすごくホッとしています(笑)。川栄ちゃんが48グループにいたときは、2人っきりで話す機会があまりなかったんですが、今回のドラマで距離が縮まりそうで、とても楽しみです。

死幣によって誰かが死んでしまうシーンは、リアルに怖いんです。現場に幽霊がいるんじゃないかとスタッフさんに言われたりして…。その怖さにどんどん追い込まれて、耐えるのに必死です(笑)。そういうリアルな怖さを皆さんにもお伝えできたらいいなと思っています。

【伊藤雄介Pのコメント】

まだ彼女がAKB48にいた4年前、音楽番組で一緒に仕事をさせていただいたことがあり、その時、川栄さんにある演出のお願いをしました。リハーサルでは少し困惑気味だったのが、本番になるとスイッチが入ったように完璧な動きを見せたんです。そのとき、彼女は役に入り込むことができる女優なんだと思いました。その時からずっと、川栄さんとドラマの仕事がしたいと思っていたので、今回ご一緒できてうれしいです。

最終更新:6/28(火) 6:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

Yahoo!ニュースからのお知らせ