ここから本文です

親も満足!子どもが喜ぶ「観光列車」ベスト5

東京ウォーカー 6/28(火) 7:00配信

家族旅行に「列車の旅」はいかが? ガタゴトと揺られながら、目的地までの時間を親子水入らずで過ごす時間も素敵だ。

【写真を見る】3位:「元気百倍、アンパンマン!」の声が聞こえてきそう「アンパンマン列車」(JR四国)

旅行情報を発信する「じゃらん」が、現在ブームに沸く日本の「いつか乗ってみたい憧れの観光列車」について行なったアンケートのなかから、「ファミリー旅」部門の結果を見てみよう。

1位に輝いたのは「北海道新幹線」。2016年3月に新青森駅-新函館北斗駅間が開業し、大きな話題となった。

2位は「黒部峡谷トロッコ電車」。大自然に包まれて、日本一深いV字峡谷をゆっくりと縫うように走るトロッコ電車はスリル満点!「峡谷や岩壁のスリルに子どもが喜びそう」「黒部峡谷を実際に見てみたいから」「大人としても一度は行きたい場所」と、家族全員で楽しめることが評価された。

3位は、JR四国の「アンパンマン列車」。四国ではさまざまなアンパンマン列車が運行されており、予讃線8000系のカラフルなアンパンマンの虹色シートは特に人気だ。子どもの大喜びの笑顔が見られそう!

4位は、開業一周年を迎えた「北陸新幹線」。「話題の北陸新幹線にまだ乗ったことがないから」「金沢に行ってみたいから」という声が集まった。

5位には、JR北海道の「旭山動物園号」がランクイン。北海道の人気観光地・旭山動物園ゆかりの動物たちが、シートや車体を大胆に飾っている。デザインは、元旭山動物園飼育係で『あらしのよるに』などの絵本作家・あべ弘士さんによるもの。のデザイン。「子どもも動物が大好きだから」「色んな動物に興味が持てそうだから」と注目が集まった。

人気キャラや動物モチーフの列車、話題の新幹線がランクインする結果に。おもしろ観光列車、家族で乗りに行ってみては?【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:6/28(火) 7:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。