ここから本文です

地元とつながる!武蔵小金井の“はけ”の朝市

東京ウォーカー 6/28(火) 11:01配信

花小金井駅から自転車で行ける距離にある武蔵小金井駅。その周辺で09年の秋から毎月第1日曜に行われているのが「はけのおいしい朝市」だ。

【写真を見る】7月に開催される朝市は、レトロな文具や雑貨を扱っている中村文具店が会場になる

■ パンの販売やワークショップも

「はけ」とは高低差15~20mの段丘崖のことを指す、この付近の方言。武蔵小金井駅周辺には「はけ」によって起伏のある地形が随所に見られ、風情のある坂や階段などを作り出している。近くには「はけ」の下から出る湧水が集まった野川もあり、初夏にはその清流に集まるホタルが見られることもある。

「はけのおいしい朝市」は、小金井の豊かな自然環境を多くの人に知って欲しいという思いから始まったイベントだ。地元の十数店が集まって共同開催しており、古文具店の「中村文具店」、生花店の「Flowers & Plants PETAL」、屋台コーヒーの「珈琲屋台 出茶屋」、カフェの「tiny little hideout SPOONFUL」などが参加している。コーヒーやパン、雑貨といった販売のほか、フラワーアレンジメントなどのワークショップも行われる予定だ。

会場はその時々で場所を変わり、7月3日(日)の開催は中村文具店。運営メンバーの森このみさんは「緑豊かな『はけ』周辺の散策も楽しみながら、朝市に来てほしいです」と語る。

日曜の朝は少し早起きして、武蔵小金井の自然風景と朝市を楽しんでみては。【東京ウォーカー】

最終更新:6/28(火) 11:01

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。