ここから本文です

花小金井のブルーベリー農園で摘み取り体験!

東京ウォーカー 6/28(火) 11:01配信

知る人ぞ知る、花小金井は日本におけるブルーベリー栽培発祥の地。東京農工大学の故・岩垣駛夫(いわがきはやお)教授がアメリカからブルーベリーを取り寄せ、その栽培に花小金井を選んだことに由来する。

【写真を見る】開園は1968(昭和43)年。写真左の人物が、日本における「ブルーベリーの父」故・岩垣博士

■ 無農薬栽培のブルベリー

「島村ブルーベリー園」は教授からブルーベリーを託され、初めて農産物として栽培に成功した日本初のブルーベリー農園。花小金井駅から徒歩5分の距離にあり、ことしは7月21日(木)~8月下旬の火曜・木曜・土曜・日曜にブルーベリーの摘み取りが楽しめる(要予約)。料金は1パック(約300g~)1000円~。

園主の島村速雄さんは「無農薬栽培をはじめ、生果でもおいしく味わえるブルーベリーを作ることにこだわっています」と語る。ブルーベリーは摘み取りのほか、手作りジャム(180g700円)としても販売。手作りジャムはグラニュー糖のみで煮詰めたもので、果実本来の風味や味わいが感じられる。ほかにも夏みかんや山桃、梅などもそろう。

駅からほど近いブルーベリー農園で、摘みたての果実を味わおう。【東京ウォーカー】

最終更新:6/28(火) 11:01

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。