ここから本文です

「ふれなばおちん」長谷川京子がときめいたせりふは?

Smartザテレビジョン 6/28(火) 19:07配信

NHK BSプレミアムで6月28日(火)夜11時15分からスタートする、プレミアムよるドラマ「ふれなばおちん」。小田ゆうあの同名人気コミックを原作に、アラフォーの主婦・夏が、隣の家に越してきた役者志望の若い男性と恋に落ちてしまう様子をリアルに描いていく。

【写真を見る】夏(長谷川京子)は劇団員の龍(成田凌)に次第に距離を詰められる

今回、道ならぬ恋に落ちてしまう主婦という難役に挑む長谷川京子に話を聞いた.

――長谷川さんと主人公の夏は、2児の母親であったり、共通している部分があるかと思いますが、ご自身は夏をどのような女性だと思って演じられていますか?

内面的なところで言えば、生真面目な人で、常識的に駄目な事と良い事を判断できる人です。あと育児をしっかりされている方だと思いました。過度ではなく、いい意味できちんとしている人だなと思います。

――女性から見てもすごく夏は魅力的に思えます。夏を演じるに当たって形づくったことはありますか?

演じるに当たって2つのキャラクターで迷いました。団地に住んでいる、いわゆる主婦業を一生懸命やっているお母さんというところで、本当に所帯を持つ主婦という感じにするか、もしくはちょっとかわいいお母さんにするかで迷いました。回りのメークさんやスタリストさんとも相談して、見ている人がほっこり楽しんでもらえるのは、このドラマにおいてはかわいいお母さんの方かなと。ですので頬も少しピンクにしたりとか…。

――女性として、母親として共感できるところはありますか?

女性としては、何といっても成田凌君演じる龍が随所随所で甘い言葉をかけてくれて、そんなこと言われたら女冥利(みょうり)に尽きますよね、そこまで言われたら好きになっちゃいますよね、というところが共感できます。母親としては、何よりも母であれば子供の幸せを一番に願うので、子供が幸せじゃないことはしたくないというところは一番共感する部分です。

――龍の魅力を語っていただければと思います。

これは女性の方と話すと共感してくださるところで、一晩明かせるくらいですけれど…。なかなか最近の男性は男らしい事とか、熱い気持ちを言ってくれない! 女性は言ってほしいのに…というところです。龍にはその部分があって、若さ故の無鉄砲さだったりとかが、夏の旦那さんにはない魅力だと思います。

――それはやはり成田さんご自身の魅力があればこそだと思いますが、成田さんから刺激を受けることはありましたか?

エネルギーがすごくありました。年齢が上の方とは違う、漏れてしまうエネルギーみたいなものがあって、それはやっぱり私も刺激されました。

――作中で特にお気に入りのせりふはありましたか?

第4話で、龍と2人で飲みに行った時に「今夜は帰したくない」と言われるんです。それがうれしかったです。「もっと言って」と思いました(笑)。

最終更新:6/28(火) 19:07

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集