ここから本文です

オリジナルナイフを手作りできる 本格派小刀(ナイフ)キット『It’s my knife・ホオ』が新発売

エイ出版社 6/28(火) 17:00配信

子どもの夏休みの工作にも最適

金物の街・三木市(兵庫県)にて120年以上の歴史を誇る大工道具の老舗メーカー、神沢鉄工株式会社が、削る楽しさを伝えるために生み出した、ハンドルを削って作るオリジナル小刀(ナイフ)キット『It’s my knife』。このたび、ハンドル材の新しいラインナップとして、発売中の『ブナ』に加え、『ホオ(朴の木)』の販売を開始した。


朴の木の特徴は加工性の高さ。刃物に不慣れな子どもでもサクサク削ることができる。また、水に強く手触りが良いため、和包丁の柄やまな板といった調理道具に使われてきた。柔らかく削りやすい材料だが、下駄の歯にも使用されるなど適度な堅さも備わっており、ハードな場面で使用されるプロフェッショナル向けの道具としても十分通用する。

キットには、小刀、ハンドル部材の他に、サンドペーパー、ネジ、ドライバーなど必要な材料が一式揃っている。ハンドルを好きな形に削ってネジ止めするだけなので、子どもの夏休みの工作にも最適。刃には、硬度と粘りがある高級鋼を使用。職人がひとつひとつ手で研ぎ上げた本格派だ。『It’s my knife・ホオ』の価格は3200円(+税)。オンラインストア『KANZAWA STORE』(http://www.kanzawa-store.com/)、刃物ブランドのfedeca mellow mode、全国の小売店にて販売。


【INFORMATION】
fedeca mellow mode http://www.fedeca-mm.com

最終更新:6/28(火) 17:00

エイ出版社

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。