ここから本文です

細部までこだわり抜いた六本木のポール・スミス。

Casa BRUTUS.com 6/28(火) 21:50配信

〈ポール・スミス〉らしいセンスとウイットを詰め込んだショップが六本木に出現。何時間いても飽きないほど楽しい空間です。

大人向けのファッションが充実してきた六本木に、新たに〈ポール・スミス〉の大型店がオープンした。メンズとウィメンズのフルラインが揃うのに加え、大きな見どころはこのブランドらしいインテリア。ポール・スミス本人の私設美術館のような楽しさが、ショップの随所にある。

まずファサードは、メキシコの著名な建築家、ルイス・バラガンにインスパイアされた赤で彩られている。さらに店内で圧巻なのが、壁一面のアートウォール。近現代のアート、雑誌の表紙、レコードジャケット、ファンからのポストカードなど272点ものコレクションが、幅23mにわたり掛けられた。ジャンルは多様でも、すべてポール・スミスがコレクションしてきたものだという。

また店内に置かれた家具は、イタリアやアメリカなどのヴィンテージ品。イギリスから運んだ古材を敷き詰めたフローリングや、1つずつ形状が異なる古めかしいドアノブにも注目したい。

そして店内の最も目立つ位置には、3m×3mのキューブ型の枠がある。これはポール・スミスが初めて開いた店の広さを再現したもので、言わばこのブランドの原点。自分がそうだったように、地に足の着いたアクションがいつか大きく実を結ぶというメッセージが、ここに込められている。

〈ポール・スミス六本木店〉

今年4月末、六本木の外苑東通り沿いにオープン。メンズとウィメンズのウェア、シューズ、アクセサリーを幅広く取り揃える。
東京都港区六本木7-8-6 TEL 03 3478 5160。11時~20時。不定休。

photo_Kenya Abe text_Takahiro Tsuchida

最終更新:6/28(火) 21:50

Casa BRUTUS.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。