ここから本文です

レディー・ガガ、ダライ・ラマと対談。

VOGUE JAPAN 6/28(火) 23:00配信

レディー・ガガが26日(現地時間)、ダライ・ラマ14世と慈悲心や瞑想などについて20分ほど対談した。米インディアナポリスで開催された全米市長会議で、ガガはソーシャルメディアに寄せられた質問をダライ・ラマに投げかけ、その様子はフェイスブックでライブ中継された。

レディー・ガガの関連フォトギャラリー。

ダライ・ラマが自身について「私はたくさんの経験をしてきた81歳の人間です。私の経験はあなたの経験よりも大きなものでしょう」と言い、30歳のガガは「きっと知らないでしょうけど、実は私はあなたよりもずっと歳をとっているのです」と答えてダライ・ラマを笑わせる一幕もあった中で、話は悪への対抗の仕方などの深い話にまでおよんだ。

ガガが「私達はどのグループが問題を起こしているかを見定めようと忙しいですし、悪が優位に立っています...私達はその見方を変えなければなりません。彼らを教育する必要があるでしょう。そして私達は彼らに対し優しく接する力を持ち合わせています」と主張すると、ダライ・ラマは「私達は社交性のある生き物ですから、個々の将来はそのコミュニティにかかっているといえます。一旦悲劇的なことが起こったら、それを避けてはいけません。それをもっと深く、広く見つめるのです。広い視点から見れば、そこにはたくさんの肯定的で幸せなことがあります。距離の近いところで見ると、耐えられなく見えるのです。ですが、広く見れば、他の肯定的なところをそこに見出せるのです」と話した。

Text by Bangshowbiz

最終更新:6/28(火) 23:00

VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2017年1月号
2016年11月28日発売

700円(税込み)

「超豪華!国内外の「OVER THE TOP」な女性たちの大特集
「Women of the Year」、「VOGUE BEAUTY AWARD」を発表」

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。