ここから本文です

友近ら女芸人4人が歌って踊る 『ゴーストバスターズ』、日本語吹替版主題歌のMV公開

リアルサウンド 6/28(火) 10:00配信

 8月19日に公開される『ゴーストバスターズ』より、日本語吹替版主題歌のMVが公開された。

 本作は、1984年に公開されたSFコメディ『ゴーストバスターズ』のリブート作品。ニューヨークを舞台に、“ゴーストバスターズ”を起業したオタク理系女子たちが、街に溢れ出したゴーストたちを退治する模様を描く。

 このたび公開されたのは、1984年に発売されたレイ・パーカー・Jr.の「ゴーストバスターズ」をオマージュした、日本語吹替版主題歌のMV。4月6日に幽霊会社“ゴーストバスターズ・ジャパン”の設立発表会を行い、社長に友近、広報担当役員に渡辺直美、財務担当役員に椿鬼奴、営業担当役員に山崎静代が就任し、『ゴーストバスターズ』のテーマ曲を「Ghostbusters~Japan Original ver.~」としてカバーした。ゴーストバスターズお馴染みのつなぎ姿に、ゴースト捕獲装置プロトンパックを背負い、ビームを出して踊る“ゴーストバスターズ・ジャパン”4人の姿が、本編映像を織り交ぜながら収められている。振り付けは、エグスプロージョンのまちゃあきが担当しており、エグスプロージョンのふたりは、学生服を身にまといゴースト役でMVにも登場している。

リアルサウンド編集部

最終更新:6/28(火) 10:00

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。