ここから本文です

慎重すぎた前半を悔やむイニエスタ スペイン流パスワークが鳴りを潜め「命取りになった」

Football ZONE web 6/28(火) 12:20配信

イタリア戦の完敗を受け入れる百戦錬磨の名手 「相手は我々を凌駕した」

 スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(バルセロナ)が、欧州選手権(EURO)16強のイタリア戦での敗戦について、「ティキ・タカ」と呼ばれるスペイン流の華麗なパスワークを貫くよりも、前半に堅守速攻を武器とするイタリア対策に重きを置き過ぎた結果だと分析している。スペイン地元紙「AS」が報じている。

【随時更新】EURO2016を彩る欧州の美女サポーター写真集

 イニエスタは後半30分、左足の強烈なボレーシュートを放った。同点への願いを込めた一撃だったが、相手の守護神ジャンルイジ・ブッフォンに阻まれる。これが、この試合におけるマエストロの最大の見せ場だった。イタリアDF陣を無力化するような、一撃必殺のスルーパスは鳴りを潜めた。

「言葉にできることは少ない。この失望を受け入れなければいけない。相手は重要な場面でより効率的だった。我々を凌駕した」

 百戦錬磨の司令塔は、静かに敗北を受け入れた。そして敗因については、堅守速攻を貫くイタリアへの過度の配慮があったという。

「相手のフットボールに、あまりに集中しすぎたことが命取りになった。前半はひどかった。相手のやり方を警戒しすぎたことが痛手となった。後半は違った。我々のフットボールに戻った」

大胆不敵なパスワークが消え攻勢を許す

 前半の45分間の戦いに、イニエスタは悔恨を残した。相手のカウンターを警戒するあまりに大胆不敵なパスワークや、華麗なサイドアタックが陰を潜めた。それが先制点とイタリアの攻勢を生む結果になったと分析している。

「このチームのことを考えると辛さは増すけれど、これを受け入れる必要がある」

 前人未到の3連覇はならなかった。だが、大会の主役の一人を務めたイニエスタは毅然と前を向き、EUROの舞台を去っていった。

ゾーンウェブ編集部●文 text by ZONE web

最終更新:6/28(火) 12:20

Football ZONE web