ここから本文です

リネカー氏、EURO敗退のイングランド批判「プロ選手よりも火山の多い国に負けた」

フットボールチャンネル 6/28(火) 7:50配信

 現役時代にJリーグの名古屋グランパスでもプレーした元イングランド代表FWのゲーリー・リネカー氏が、アイスランド代表に敗れEURO敗退となったイングランドについて自身のツイッターで批判した。

 現地時間27日にEURO2016の決勝トーナメント1回戦が行われイングランドはアイスランドと対戦。4分にウェイン・ルーニーのゴールで先制するも、6分と18分にゴールを決められ逆転を許した。その後、イングランドはゴールを決めることができず1-2で敗れている。

 リネカー氏はこの結果を受けて「我々の歴史の中で最悪の敗北。イングランドはプロサッカー選手よりも火山が多い国に負けた」とツイッターでつぶやき、EURO敗退となったイングランドを批判した。

 アイスランドは人口約33万人の小国で、自国のサッカー協会に登録している選手はわずか100人前後とされている。さらに今大会がEURO初出場のチームが相手であるだけに、リネカー氏もイングランドのEURO敗退に呆れ果てているのかもしれない。

フットボールチャンネル

最終更新:6/28(火) 7:57

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。