ここから本文です

モラタの新天地はロンドンに決定? イブラに続いて不動産会社が暴露

フットボールチャンネル 6/28(火) 8:01配信

 スペイン代表FWアルバロ・モラタの新天地は、どうやらロンドンとなりそうだ。26日に多くのサッカー選手の不動産を管理している会社『プロト・グループ』が公表している。

 先日レアル・マドリーは、公式サイトにてモラタの買い戻しオプション行使を発表した。プレシーズンはジネディーヌ・ジダン監督率いるマドリーの練習に参加する予定となっているが、その後に約6000万ユーロ(約68億円)の移籍金でプレミアリーグのクラブへ転売されることになるとみられている。

 同社は、「私たちは、モラタが少し前にトリノの中心地に購入していたアパートの買い手を見つけるよう任されました。そのことはすでに数週間前に報告されていましたが、ようやく今になってそのことを明かすことができるようになりました。とにかくモラタは、ヴィノーヴォ(ユベントスのトレーニングセンターがあるトリノ県のコムーネの1つ)の近くに購入していたもう1つのアパートを売らずに取っておくことに決めています」と発表。

 そして、「そうする間にも、私たちはモラタが現在ロンドンで新居を探しているところであることを報告することもできます。彼の要求は、その他のビッグネームに比べてかなり控えめな額です」と公表している。

 ロンドンでモラタの獲得に関心を示しているクラブは、アーセナルとチェルシーの2つのクラブだ。となると、このロンドンにある2つのクラブがモラタの獲得を巡って争奪戦を繰り広げることになることが想像できる。

 モラタの獲得を巡って勃発するロンドンダービー。果たしてどちらのクラブが同選手を獲得することになるだろうか。その去就に注目が集まる。

フットボールチャンネル

最終更新:6/28(火) 8:01

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)