ここから本文です

「チャンピオン死す」「時代の終わり」イタリア戦完敗のスペインメディアが完全なお通夜ムードに

Football ZONE web 6/28(火) 14:20配信

無敵艦隊の3連覇の夢は進化版カテナチオに霧散

 スペイン代表は前人未到となる欧州選手権(EURO)3連覇を狙いながら、決勝トーナメント1回戦でイタリア相手に0-2で完敗を喫し、野望が潰えた。無敵艦隊と呼ばれたかつての常勝軍団の撃沈ぶりに、地元メディアは「チャンピオン死す」「サイクルの終焉」「時代の終わり」とかなりの悲観的なムードで伝えている。

【随時更新】EURO2016を彩る欧州の美女サポーター写真集

 グループリーグ第3戦でクロアチアに逆転負けを喫したスペインは、グループE2位となったことで悲運に直面した。前回大会決勝で対戦し、4-0で粉砕したイタリアとの再戦となったが、4年前の雪辱に燃えるアッズーリが完璧に連動したプレスを仕掛け、スペインはリズミカルなパス回しを封殺された。

 前半33分に直接FKのこぼれ球をジョルジョ・キエッリーニ(ユベントス)に押し込まれて先制を許すと、後半アディショナルタイムにはカウンターから最後はFWグラツィアーノ・ペッレ(サウザンプトン)にボレーで流し込まれて万事休した。GS第2戦トルコ戦では674本もの数字を叩きだしたパス本数も、この日は539回にとどまるなど「ティキ・タカ」は“進化版カテナチオ”に全く歯が立たなかった。

 08年、12年のEURO連覇に10年南アフリカ・ワールドカップ(W杯)優勝と栄華を誇ったスペインだが、中心メンバーがほぼ変わらずに年齢を積み重ねた。DFセルヒオ・ラモス(レアル・マドリード)、MFアンドレス・イニエスタ(バルセロナ)、MFダビド・シルバ(マンチェスター・シティ)は30代となった一方で、大会直前にはMFイスコ(レアル・マドリード)、MFサウール・ニゲス(アトレチコ・マドリード)ら次世代の有望株が代表漏れし、世代交代に苦しんだ。

ピケは「終わりとは口にしない」と強がるも、チーム力衰退認める

 この敗退劇を受けて、ショックを受けているのはスペイン地元メディアだ。マドリード寄りのマルカ紙は「サイクルの終焉」と特集。「AS」も「時代の終わり」とのタイトルを打った。またバルセロナ寄りのムンド・デポルティーボ紙も「アディオス、チャンピオンだったラ・ロハ」との見出しとともに「チャンピオンだったスペインは死んだ」との強烈な表現で敗戦を報じている。スペイン全土が重苦しい、お通夜ムードに包まれているようだ。

 DFジェラール・ピケ(バルセロナ)は“時代の終わり”について問われると「僕はそんなことを口にしないよ」と強がったが、過去のチームレベルに達しなかったことを認めた。

 14年のブラジルW杯グループリーグ敗退を喫してから2年後、再びもろさを払拭できなかった。無敵艦隊はかつてのように、タイトルから縁遠い立場となってしまうのだろうか。

ゾーンウェブ編集部●文 text by ZONE web

最終更新:6/28(火) 14:20

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。