ここから本文です

アルゼンチンサッカー協会で爆弾騒ぎ。職員が避難するなど一時騒然

フットボールチャンネル 6/28(火) 10:20配信

 コパ・アメリカ決勝戦でアルゼンチン代表がチリ代表に敗れた後に、アルゼンチンサッカー協会(AFA)に対して爆弾を仕掛けたとの脅迫があったようだ。27日に英メディア『フォー・フォー・トゥー』が報じている。

 アルゼンチンはチリと決勝戦を戦い、0-0の末にPK戦で敗れコパ優勝を逃していた。同メディアによると、試合が終了してから数時間後にAFAに爆弾を仕掛けたとの電話があり、職員たちが避難する騒ぎとなっていたようだ。仕掛けられたとする爆弾や犯人の動機など、詳細についてはまだ明らかになっていない。

 優勝を逃したたけではなく、試合後にはリオネル・メッシが代表引退を表明するなど、アルゼンチンにとって慌ただしい1日となった。

フットボールチャンネル

最終更新:6/28(火) 10:22

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ