ここから本文です

クロアチアが崩せなかった“苦手”ポルトガルの牙城 枠内シュート「0本」につながったサイド偏重の攻撃

Football ZONE web 6/28(火) 17:10配信

GS3位で突破のポルトガルが、好調クロアチアに勝利し8強進出

 欧州選手権(EURO)決勝トーナメント1回戦、ハリルホジッチ日本代表監督が強力に推すクロアチア代表は、苦労しながらようやくここまで進んできたポルトガル代表との一戦を迎えた。クロアチアと言えば、1998年に日本が初めてワールドカップに出場したフランス大会で同じグループで戦った相手として覚えている人も多いだろう。

【随時更新】EURO2016を彩る欧州の美女サポーター写真集

 クロアチアとポルトガルはこれまで過去3回対戦しているが、ポルトガルが6得点0失点で3勝している。メジャートーナメントでの対戦は、96年EUROのグループステージのみで、3-0でポルトガルが勝利している。

 ただ、ポルトガルはEURO優勝未経験のチームとして、これまで最多31試合を戦っているという不名誉な記録も持っている。またポルトガルがEURO本大会で決めた直近7ゴールのうち、5得点はクリスティアーノ・ロナウドで2得点はナニと、スコアラーは2人のみ。今大会のグループステージでの得点の傾向も面白く、4ゴール中3得点、75%がペナルティーエリアの外からのものだった。

 一方のクロアチアだが、2008年大会以来2度目となるグループステージ首位突破だが、その時は準々決勝でトルコにPK負けを喫した。しかし、2012年にスペインに0-1で敗れた試合を除けば、過去10試合で6勝3分とEUROではかなりの好成績を残している。実際にこの大会でもグループステージ第3戦で、これまでEURO14戦無敗だったスペインを破っている。

 今大会の戦いぶりを見ればクロアチアに分がありそうだったが、結果はこれまでの相性が影響したのか、ポルトガルが延長後半12分に上げた1点を守って次のステージに進んだ。

 試合はクロアチアが4-2-3-1、ポルトガルは4-4-2というフォーメーションでスタートした。

【クロアチア代表】
GK
23 ダニエル・スバシッチ
3 イヴァン・ストリニッチ
11 ダリヨ・スルナ
5 ヴェドラン・チョルルカ
21 ドマゴイ・ヴィダ
MF
4 イヴァン・ペリシッチ
10 ルカ・モドリッチ
14 マルセロ・ブロゾビッチ
19 ミラン・バデリ
7 イヴァン・ラキティッチ
FW
17 マリオ・マンジュキッチ

【ポルトガル代表】

GK
1ルイ・パトリシオ
DF
3ぺぺ
4ジョゼ・フォンテ
5ラファエル・ゲレイロ
21セドリック・ソアレス
MF
14ウィリアム・カルバーリョ
15アンドレ・ゴメス
23アドリアン・シウヴァ
10ジョアン・マリオ
FW
7クリスティアーノ・ロナウド
17ナニ

1/2ページ

最終更新:6/28(火) 17:10

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。