ここから本文です

「従業員の本音」調査で明らかに、不満度が高いのは大企業

Forbes JAPAN 6/28(火) 11:00配信

現代の職場は、進化を続けている。恐らくその変化の速度は、過去に例がないほどだろう。職場の現状を把握するため、コンサルティング会社プライスウォーターハウスクーパース(PwC)は今年5月、さまざまな職業に従事する1,385人と、企業の最高経営幹部200人を対象とした調査を実施した。



以下、働く人たちの仕事に対する満足度や問題視している点など、調査の結果明らかになった事柄の一部を紹介する。

3分の1は仕事に「不満」

自分の仕事について1~10(10が最高)で評価してもらったところ、8~10と回答した従業員の割合は全体の60%だった。一方で、「半年以内に転職したい」、「1年以内に転職したい」と答え人がそれぞれ、約30%、38%に上った。

転職したいと答えた人は特に若い世代に多く、1995年以降に生まれた「Z世代」の約50%、1980年代から2000年代初頭までに生まれた「ミレニアル世代」の約30%が、半年以内に転職する可能性が「非常に高い」または「ある程度ある」と回答した。

こうした答えの理由は何なのだろうか──?回答者のおよそ半数は、「ワークライフバランスが非常に重要」と考えているものの、それが達成されていると答えた従業員は34%にとどまっている。また、職場で「自分の意見が尊重されていると感じる」「評価されていると感じる」と答えた人はいずれも、36%だった。以前に比べ、従業員たちは価値観や社会的な妥当性、目的をより重視するようになっている。

一方、雇用主らは現在の職場について、より楽観的な見方をする傾向があるようだ。従業員らの大半が雇用主との関係を「便宜上の結婚」や「偶然知り合った者同士」ととらえているのに対し、雇用主は62%が、従業員たちとは「互いに対して責任を持つ関係」だと答えた。

働き方の「柔軟性」と満足度の関係

週1日以上の在宅勤務が認められている従業員は、回答者の38%だった。そして、在宅勤務ができる人たちの間では仕事に対する満足感が高いことが分かった。こうした働き方が認められている人たちが自分の仕事に「10」のスコアをつける確率は、そうでない人たちより48%高かった。
--{企業規模が大きく影響}--
企業規模と「満足度」の関係

従業員が50人未満の小規模企業で働く人たちが、勤め先の企業を「非常に機能的」と答える確率は、それ以外の企業の場合に比べて50%高かった。また、この人たちのうち43%は、「今の仕事に就けて満足だ」と答えた。

従業員が1,000人を超える企業では、現在の仕事に満足感を持つ人はわずか27%だった。このほか、小規模企業では42%が「職場で尊重されていると感じる」と答えたのに対し、大企業で同じ回答をした人の割合は33%だった。

小規模企業の従業員はまた、仕事で学び成長することができると考える傾向が強く、80%がそう答えている。

このほか、小規模企業は在宅勤務など、柔軟な働き方を認める割合が高い。大規模企業で働く人たちは86%が在宅勤務を希望しているにもかかわらず、実現できている人はわずか26%だった。

仕事・働き方と性別の関係

今回の調査では、女性の方が「職場に満足している」と答える人の割合が低いことも確認された。勤め先を「非常に機能的」と思う人や、自分の仕事に「刺激的」な部分があると思う人が少なかった。さらに、上司や幹部に対する評価も女性の方が低い。

PwCはこの結果について、女性に十分な昇進の機会が与えられておらず、自分で自分の仕事を管理できていないと考える人が多いためだと指摘している。

Karsten Strauss

最終更新:6/28(火) 11:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。