ここから本文です

メッシの代表引退はアディダスが阻止? スポンサーとしては大きな痛手

Forbes JAPAN 6/28(火) 16:00配信

アルゼンチン代表のFWリオネル・メッシ(29)が代表引退を表明した。だが、本当に実現するだろうか──?スポンサーであるアディダスが何も言わなければ、本人の意思どおりになるかもしれない。だが、同社は2022年までの契約でアルゼンチン代表チームのスポンサーとなっているだけでなく、メッシ個人とも年間1,000万ドル(約10億円)相当のスポンサー契約を結んでいる。



この時点でアルゼンチン代表から引退すれば、メッシは今夏開催のリオデジャネイロ五輪に出場しないことになる。FIFAワールドカップ(W杯)の2018年ロシア大会、2022年カタール大会にも出場しないということだ。アディダスにとっては、ブランド露出の絶好の機会を大きく失うことになる。

スポーツマーケティングに関するリサーチとコンサルティングを専門とするレピュコム(Repucom)によると、アディダスは20年以上にわたり、UEFA(欧州サッカー連盟)が開催する欧州選手権(ユーロ、EURO)の出場チームに装備一式を提供してきた。今年は全24チームのうち37%にあたる9チームが、アディダスが手掛けたユニフォームで試合に臨んでいる。

その他のスポンサーをみると、ナイキが6チーム(25%)、プーマが5チーム(21%)、その他が4チーム(17%)となっている。

さらに、アディダスは1996年大会以降、最も多くのチームとスポンサー契約を締結。過去5大会で優勝したチームすべてのスポンサーとなっており、それが同社のサッカーチームのスポンサーとしての地位を固めることにつながってきた。

一方、アディダスは長年、スポーツ用品世界最大手のナイキと激しい競争を繰り広げている。メッシを擁するアルゼンチン代表チームとの契約が、その競争においても有利に働いてきたことは間違いない。2年ほど前には、アディダスはメッシがバルセロナからチェルシーに移籍するならば移籍金2億7,000万ドル(約275億円)の半額を負担すると申し出た。

報道によれば、バルセロナのスポンサーであるナイキをメッシから遠ざけるためだったとされている。この試みが成功することはなかったが、アディダスがどれほどメッシの寵愛を求めているかを示す例だといえる。

Mike Ozanian

最終更新:6/28(火) 16:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。