ここから本文です

【イングランド 1-2 アイスランド|採点&寸評】MOMは同点弾のR・シグルドソン! ルーニーらは厳しい評価…

SOCCER DIGEST Web 6/28(火) 8:33配信

エースを引っ張り続け、足枷となったホジソンの采配。

【イングランド|チーム&監督 採点&寸評】
チーム 5
ボールを持つ時間が長かったものの、オフ・ザ・ボールの動き出しや創造性に乏しく、クロスの精度などもいまひとつ。敵の堅固な守りを崩せなかった。むしろ3点目を失いそうな場面もあり、敗れるべくして敗れた格好だ。
 
監督 ロイ・ホジソン 5
攻守に精彩を欠いたダイアーを前半だけで下げた一方で、明らかに機能していなかったルーニーを引っ張り続けた。途中出場のラッシュフォードの動きが良かったぶん、余計にその交代策が悔やまれる。
 
【イングランド|選手採点&寸評】
GK
1 ジョー・ハート 5.5
悔いが残るのは2失点目の場面だ。手が届くもボールは後方へ。勝利への望みを繋いだ84分の好セーブは見事。
 
DF
2 カイル・ウォーカー 5.5
サイドで対峙したB・ビャルナソンに一度も縦を抉らせなかった守備は上出来も、得意のオーバーラップは影を潜めた。
 
3 ダニー・ローズ 5.5
右SBのウォーカー同様、攻撃での貢献に物足りなさを残す。決して足を止めない敢闘精神に関しては良かった。
 
5 ガリー・ケイヒル 5.5
2失点目の場面ではシュートコースを塞ぐ動作にやや遅れが。ドリブルで持ち上がった際のボールロストも減点材料。
 
6 クリス・スモーリング 6
2トップを目がけたロングボールの落下地点を的確に見定め、何度となく敵の攻撃を跳ね返す。空中戦はほぼ無敵だった。
 
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 
 

【EURO2016】出場24か国の“美しすぎる”サポーターたち

単調なプレーと凡ミスを繰り返したルーニー。

MF
10 ウェイン・ルーニー 5(86分OUT)
豪快にPKを沈めたのは流石ながら、ボール保持時は左右に散らすばかりで単調。終盤はボールロストを連発した。
 
17 エリック・ダイアー 5(46分OUT)
糾弾されてしかるべきは、ほぼ棒立ち状態だった2失点目での守備対応。組み立ての局面でも貢献度が低かった。
 
20 デル・アリ 5.5
バイタルエリアで頻繁に打開を図ったが、ラストパスやフィニッシュの精度を欠く。エリア内で放った60分のボレーは、せめて枠に飛ばしたかった。
 
FW
7 ラヒーム・スターリング 5(60分OUT)
3分に鋭い飛び出しからPKを獲得したが、ドリブルでの仕掛けに怖さがなかった。縦関係を組んだローズとの連携も冴えず。
 
9 ハリー・ケイン 5
何度も訪れたシュートチャンスを1本もモノにできなかった。FKの精度を欠いた88分にとうとうブーイングの対象に。
 
15 ダニエル・スターリッジ 5.5
右ウイングを務め、チームの攻撃に幅をもたせる。ただしクロスの精度が悪く、決定的な仕事をこなせなかった。
 
交代出場
18 ジャック・ウィルシェア 5.5(46分IN)
無難にボールを捌いたが、仕掛けの縦パスが少なく、DFライン裏へのボールは精度が伴わなかった。
 
11 ジェイミー・ヴァーディー 5.5(60分IN)
自身の出場を機に2トップになったチームの最前線に。果敢にゴールに迫るも、救世主にはなれず。
 
22 マーカス・ラッシュフォード -(87分IN)
短い出場時間ながら左サイドから三度のドリブル突破を敢行。90分にはほぼ独力でCKを獲得した。
 
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 
文:遠藤孝輔
 

1/3ページ

最終更新:6/28(火) 11:57

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。