ここから本文です

ジョン・メイヤー、デッド&カンパニーのツアーを語る:「まるで宙に放り出された気分さ」

ローリングストーン日本版 6/28(火) 17:30配信

「このバンドからは即興的なプレイだけでなく、より多くのものを学んだ」というジョン・メイヤーが、最新ツアーについて語った。

デッド&カンパニー:『ザ・トゥナイト・ショー』でグレイトフル・デッドの名曲を披露

「2016年はいろいろなことが目白押しさ」。グレイトフル・デッドのスピンオフ・バンドであるデッド&カンパニーに参加するシンガー/ギタリストのジョン・メイヤーが、バンドの屋外&スタジアムツアーに先立ち、ローリングストーン誌のインタビューに答えた。「多くのノルマをこなし、観客を満足させるための準備も万端だよ」

「アメリカの新たな伝説のひとつが作られようとしている。2016年の夏は、蘇った死者(the Dead)の音楽魂をぜひ楽しんで欲しい」とメイヤーは熱く語った。デッド&カンパニーは昨年秋からアリーナツアーを開始。そして6月10日からはいよいよ初の屋外ツアーをスタートさせている。バンドにはメイヤーの他、グレイトフル・デッドのボブ・ウィアー(ギター)、ビル・クルーツマン(ドラム)、ミッキー・ハート(ドラム)に加え、ジェフ・キメンティ(キーボード)、元オールマン・ブラザーズ・バンドのオテイル・バーブリッジ(ベース)が参加している。「こんなメンバーに囲まれて、本当にワクワクしている」

1時間に渡るインタビューの中でメイヤーは、高校時代に初めて出会いその後ハマったグレイトフル・デッドの音楽や文化の第一印象について話している。さらに、この新しいバンドの中でのメイヤーのポジションと重圧、グレイトフル・デッドのシンガー&ギタリストだった故ジェリー・ガルシアの作り上げた世界、デッド&カンパニーとしてのライブや将来のレコーディングの可能性に対する期待なども語ってくれた。

「僕はマゾ的な楽天家なんだ」とメイヤーは笑いながら、このサマーツアー中のムチャな願望も口にしている。「このツアー中、(グレイトフル・デッドのオリジナルメンバーである)フィル・レッシュがステージに現れてベースを持ってくれるんじゃないか、と期待しているんだ」。グレイトフル・デッド解散後、フィルはフィル・レッシュ&フレンズを結成し活動を続けている。「2015年夏に行われた『Fare Thee Well』は、グレイトフル・デッドのファイナルコンサートとして尊重するが、フィルが参加してくれたら楽しいだろ?」

1/3ページ

最終更新:6/28(火) 17:30

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2016年10月号

株式会社パワートゥザピープル

2016年10月号
9月10日発売

710円(税込)

表紙:トム・ヨーク
特集:IMAGE
ロック&ファッション&アート
高橋盾(UNDERCOVER)
ヒステリックグラマー 他

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。