ここから本文です

「職場での昼寝」約5割が経験。ビジネスマンの昼寝事情

R25 6/29(水) 7:00配信

最近、「昼寝プラン」を打ち出しているホテルやサウナを見かけることが多くなった。はたして、世のサラリーマンはそんなに昼寝をしているのだろうか? 20~39歳の男性会社員200人に、「仕事の合間の昼寝事情」についてアンケートを実施した。(R25調べ/協力:アイリサーチ)

■仕事の合間に「昼寝」をしていますか?

・ほぼ毎日している 13.5%
・週に2~3回 11.5%
・週に1回程度 9.0%
・月に1回程度 9.5%
・半年に1回程度 6.0%
・1回もしたことがない 50.5%

■昼寝の平均時間は?

(昼寝の経験がある人のみ回答)
・10分以内 33.3%
・11~30分以内 57.6%
・31~45分以内 8.1%
・46分~1時間以内 1.0%

■会社で昼寝は認められていますか?

・昼寝を奨励している 5.0%
・特に定めはないが、昼寝をしていても問題ない 46.5%
・特に定めはないが、昼寝をしているといぶかしがられる 20.0%
・昼寝は原則禁止されている 28.5%

約半数が「昼寝の経験がある」と回答。4人に1人が週に2~3回以上とは、意外に昼寝をしているビジネスマンは多い印象。平均時間は「11~30分程度」が57.6%と最も多く、「31分以上」は9.1%とごく少数。一般的にいわれる「15分の昼寝で効率が上がる」という説を実践している人が多いのかもしれない。

また、全体の約3割は「(職場での)昼寝は原則禁止」という一方、少数ではあるが「昼寝を奨励している」という企業もあるようだ。休憩以外の午後帯に、15~20分の仮眠を認める「パワーナップ制度」を導入しているリフォーム会社のOKUTAに話を聞いてみると…、

「社員からは『集中して仕事できるようになった』『“眠ってはいけない”というストレスがなくなった』など、精神的に安定するという意見が返ってきています。『体調が優れない日は助かる』という声も。売上などへの直接的な効果を言い切ることはできませんが、制度を導入したことで職場の雰囲気もよくなり、働きやすくなったと思います」(OKUTA広報課・佐藤友季さん)

制度として認められているため、寝ている人を見ても不快感を覚えず、社内の雰囲気が明るく保てるなどの二次的な効果もあるようだ。

ちなみに、冒頭のアンケートで「昼寝をしている」と答えた人の約半数が「職場のデスク」で眠っているとのこと。短時間でより効果的に休息を取ろうと、「タオルを複数持参して枕代わりにする」(37歳)、「耳栓で音を遮断」(34歳)、「イスを向かい合わせて足を伸ばす」(31歳)といった快眠テクニックを実践している人もいた。しかし、昼寝が容認されているとしても、寝過ごすのは厳禁。「きつい姿勢で寝る」(28歳)、「寝る前にアラームをセットする」(28歳)など決まった時間に目覚める工夫や、「起きた時に爽快系の目薬を差す」(32歳)と目を覚ますための方法を実践する人も。さまざまなテクを参考にして、午後の仕事を円滑に進められるような昼寝術を極めたいものだ。

(有竹亮介/verb)
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:6/29(水) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。