ここから本文です

元パティシエのボイメン・小林豊が新スイーツを紹介!

Smartザテレビジョン 6/29(水) 5:01配信

7月8日(金)に放送の「幸せ追求バラエティ 金曜日の聞きたい女たち 夏だ!海だ!月9だ!桐谷美玲参戦!2時間SP」(夜7:00-8:54フジテレビ系)に小林豊が出演する。

【写真を見る】元パティシエという経歴を持つ小林が別々のスイーツを組み合わせて新しいスイーツを作る“ハイブリッドスイーツ”を紹介する

この日の「イケてるギョーカイファイル!~料理人&パティシエ編~」では、元パティシエという経歴を持つ小林が別々のスイーツを組み合わせて新しいスイーツを作る“ハイブリッドスイーツ”を紹介。さらに、VTRでは小林が作ったスイーツも登場。そんな小林にインタビューを行い、番組収録を終えての感想や、今後の目標について聞いた。

――収録を終えた感想をお聞かせください。

料理のことを喋ってると、人が変わるってよく言われるんですけど、そういう部分が出てたかな~。そういう話を女性ゲストの皆さんとできて楽しかったですね。ようやく「おいしい!」っていう女性の共感を得ることができました!

よく“女子より女子力が高い”って言われるんですよね。なので、女性陣の方の席に行ったら、田中みな実さんと双子ちゃんキャラくらいの感じでいけるはずなんですけど(笑)。いつか「聞きたい女」with小林みたいな感じをやってみたいです(笑)。

――「ハイブリッドスイーツ」を紹介してみていかがでしたか?

もちろんどのスイーツも知ってたんですけど、まだ自分が作ったことのない物もあったので、うまく説明できるかなという心配はありました。でも、スイーツのことを話してるときって自由に自然体で思ったことを喋れてたかなと思うので、あまり緊張はなかったです。

――この番組に出演されて、周りの反響は?

あります! 「すごい! 豊がゴールデンの番組出てるー!!」って言われるんですけど、「あんた全然エピソード選ばれへんやん! まあ恋愛経験ないもんな!(笑)」という連絡が周りから次々来ます。僕もちゃんとアンケート書いてるんですけど(笑)。

――女性にやられると弱いしぐさや行動はありますか?

テクニックとして、ネクタイを直してくれるとか、「ゴミついてるよ」って取ってくれたりとかは、男の子的にはやっぱOKなんですよ。女子側があれを見て『あざといことしてる!』って思う気持ちも分かるんですけど、男子があれで緊張するのも分かります。僕も衣装でネックレスとかを直してもらう時に、やっぱり恥ずかしいから顔上げちゃいますよね。最後に「はい! 完成!」って言われたら落ちますね! 僕ならそうする(笑)。

――理想の女性像はありますか?

自分の知らないこととか、いろんなことを知ってる人が良いですよね。

例えば、僕はスポーツのことが全然分からないんですけど、自分の悪い癖で「興味ない!」って、学ぼうとしないんですよね。そうじゃなくて、例えば僕が好きな料理のことを学びたいって思う子とか、新たなことを知ろうと思える人とか、既に知っている人は引かれますね。

――ひな壇に座っている“イケてる男”の方々とは話したりしますか?

僕が“不思議キャラ”過ぎて話し掛けてもらうんですよ! 「小林さんてそういうキャラだったんですね」って。演技の作品だとクールな役が多かったので、そういうのを見てくれていた人や、初めて会った方も、「すごいっすねー! 席完全に間違えてますよね! あっち(聞きたい女)側でしょ!」って言われることが多いです。

――今後、番組で挑戦してみたいことはありますか?

きょうは“ハイブリッドスイーツ”を紹介したので、次は“ハイブリッドゆーちゃむ”を紹介したい! スイーツを作るだけなら、プロのパティシエの方もできると思うんですけど、僕は「歌って、踊ってスイーツを作る! 新しいハイブリッドをお持ちしました!」って言って、曲の披露をしたいです。本当に歌って、踊っている間にスイーツが作れるんですよ。今4、5個くらいは作れるスイーツがあるので、それを紹介したいです。

――最後に、視聴者にメッセージをお願いします。

僕の男性目線のコメントがうまく響くかどうかは分からないですけど、恋愛テクニックとしては、さまざまなポイントが詰まった番組だなと思うので、これを見てぜひ、恋してもらえたらなと思います。「豊の愛情たっぷりん! 入ってます!」。

最終更新:6/29(水) 5:01

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。