ここから本文です

桐谷健太、L.Aプレミアデビューで堂々ターザンポーズ

Smartザテレビジョン 6/29(水) 5:01配信

7月30日(土)より全国公開される映画「ターザン:REBORN」のL.Aプレミアが、現地時間6月27日にアメリカ・ロサンゼルスのドルビー・シアターにて開催され、日本語吹き替え版で主人公のターザン役の声優を務めた桐谷健太が登場。海外初のプレミアデビューを飾った。

【写真を見る】日本のターザンと世界のターザンがガッシリ握手!

本作をイメージしたジャングルの装飾が大規模に施され、ブラウンカーペットが敷き詰められた会場に集まった海外メディアはテレビ50台、スチール200媒体、そして3000人のファンが会場に詰め掛けるという、世界的な注目度の高さ。

ターザンを意識したグリーンのベルベット地のジャケットを着こなした桐谷が、ターザンポーズなどのパフォーマンスを披露すると、全世界のカメラマンが桐谷に注目。そんな桐谷のパフォーマンスに驚いたのは、プレミアに招待されていた、アンジェリーナ・ジョリーの父親にして、世界的名優のジョン・ヴォイトで、日本のクルーに「彼は誰だ?」と聞く場面も。

大ヒット中のCMソング「海の声」が世界251の国や地域で順次配信されている桐谷が、世界中のカメラからたくさんのフラッシュを浴び、まさに“海をこえ”堂々の海外プレミアデビューとなった。

そしてブラウンカーペット上では、ついに“日本のターザン”桐谷と“世界のターザン”主演のアレクサンダー・スカルスガルドが対面し、日米ターザンによる夢の共演が実現した。

アレクサンダーと桐谷は今回のL.A滞在が初対面。プレミア前日のプレス取材ですっかり意気投合していた2人は、桐谷を「ケンタ」と親しげに呼び、「(彼が)ジャパニーズ・ターザンだ!」とアレクサンダーも太鼓判を押した。

「いつか桐谷さんと共演してみたいか?」と問われると、アレクサンダーは「僕らは“ターザン2”を一緒にやるんだ。スウェーデンのターザン(※アレクサンダーはスウェーデン出身)と日本のターザンが一緒にね!」と笑顔でコメント。

また、先日の来日を満喫したアレクサンダーは、日本のファンに向けて「僕を迎えてくれて本当にありがとう! 僕の生涯で最高の旅の一つだったよ」と語り、もしも今度来日する際には「(桐谷の趣味)銭湯巡りを一緒にしよう」と桐谷の誘う一幕も。

映画については「僕のキャリアで最も長期間かつ最もハードな撮影になった。その一方で、得られるものも最も大きかった。自分がこの世界の一部であれるなんて信じられなかったよ」と振り返り、最後には2ショットで肩を組み、日本語で「(映画を)見てね!」と、息の合った様子を見せた。

この日は、アレクサンダーに加え、ヒロインを務める女優マーゴット・ロビー、ターザンの相棒役を務めるハリウッドきっての名優サミュエル・L・ジャクソン、ターザンをわなにはめる官使役の名優クリストフ・ヴァルツ、そして「ハリー・ポッター」シリーズの監督を務め、新しいターザンを作り上げたデイビッド・イェーツら、豪華メンバーが勢ぞろい。

マーゴット・ロビーは自身の演じるジェーンというキャラクターについて「彼女(ジェーン)に似ている部分は、私の中に確実にあるわ。(危機に直面しても)ただじっとして誰かが助けてくれるのを待ったりしない。自分で一生懸命模索するわ。'16年にこの映画を見る全ての女性に共感してほしい」とコメント。

一方、桐谷と初対面したサミュエル・L・ジャクソンは、桐谷の筋肉を触って「いいね!」と日本のターザンを絶賛。デイビッド・イェーツ監督も桐谷について「彼はターザンの声に、すごい気高さと優雅さと重厚さをもたらしてくれた。みんなが見たいターザンになったよ、ありがとう!」と賛辞を惜しまなかった。

貴重な体験の数々を終え大興奮の桐谷は「本当に華やかだし熱気がすごい。ハリウッドスターのアレクサンダーも気さく。貴重な体験ができて楽しかった」と充実した表情を見せ、「今度は日本映画を海外の人に見てほしい」と語った。

最後に「皆さんのイメージや想像を覆す、全てが新しいターザンになっています。この暑い夏にぴったりの、キンキンに冷えた爽快感満載のスタイリッシュ・アクション大作なので、ぜひ楽しみにしていてほしいです!」と力強くアピールした。

最終更新:6/29(水) 5:01

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

Yahoo!ニュースからのお知らせ