ここから本文です

森昌子が子役時代の美空ひばりになりきって熱唱!

Smartザテレビジョン 6/29(水) 17:00配信

6月30日(木)夜7時から放送される「甦る歌謡曲!昭和スターお宝映像発掘SP」(テレビ朝日系)で、歌手・森昌子が子役時代の美空ひばりに扮(ふん)した“共演ものまね”をテレビ初披露することが分かった。

【写真を見る】徳光和夫も絶賛の森の物まね姿とは?

同番組は、昭和を彩った懐かしの名曲を貴重映像で振り返ると共に、昭和歌謡に詳しいプレゼンターたちが知られざるエピソードを語り尽くす特番。司会は今回も高橋英樹、真麻親子が担当する。

森が美空ひばりのものまねを披露するのは今回の3時間SP内にある「秘蔵映像!伝説のものまね番組」というコーナー。歌手が物まねを競い合っていた伝説の番組「象印スターものまね大合戦」('67~'77年、テレビ朝日)の貴重な映像を一挙蔵出し。

そこで、当時アイドルでありながら、変幻自在な歌声で“ものまね女王”として活躍した森が、貴重なエピソードと秘蔵映像をを紹介していく。

デビュー当時から美空ひばりにかわいがってもらったという森が現在、自身のコンサートのみで披露している、ひばりの“再現ものまね”をテレビ初披露する。  

美空本人の映画での歌唱シーンを紹介した後、そっくり衣装に扮した森が登場し歌うという趣向で、森は初期の名曲「悲しき口笛」('49年)、「東京キッド」('50年)を熱唱。

本人の歌声と続けて聴いても“そのもの”としか思えない、森の物まねに、スタジオの出演者たちは「スゴイ!」とうなるばかり。中でも徳光和夫は「全然昌子ちゃんの声じゃないよ! ひばりさんの声だ!」と絶賛した。

「悲しき口笛」ではタキシード、「東京キッド」ではベレー帽姿で、子役時代の美空ひばりになりきった森。これぞ“甦る歌謡曲”と言いたくなる夢の共演を見て、森昌子ワールドに酔いしれよう。

最終更新:6/29(水) 17:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
12月7日

特別定価:350円

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。