ここから本文です

「クリマイ」マシュー・グレイ・ギュブラーがファンの靴下を…!?

Smartザテレビジョン 6/29(水) 17:31配信

人気海外ドラマ「クリミナル・マインド」でドクター・リード役を務めるマシュー・グレイ・ギュブラーが6月28日、東京都内にて行われた来日記念試写会&トークイベントに出席した。

【写真を見る】日本で流行っている(!?)と言われたポーズをとるギュブラー(左)と森久保

まず、シーズン7の第11話「天才vs天才」の試写が行われた後、ドクター・リードの吹き替えを担当する森久保祥太郎の呼び込みでギュブラーが登場。来日は3度めというギュブラーは、森久保やファンからの質問に気さくに答えていた。以下にその様子を紹介する。

■ 3度めの来日について

ギュブラー「美しい日本に来られてとってもうれしく思います。本当にありがとうございます」

森久保「今回は土曜日に来日しましたが、この数日間で何をしましたか?」

ギュブラー「東京ディズニーランドにまず行きました。中目黒も行きました。ヴィンテージものが最高だと聞いたので」

森久保「洋服? クローズ?」

ギュブラー「YES」

森久保「古着屋さんですね」

ギュブラー「お酒もいっぱい飲んで、美味しい日本食もいっぱい食べてます」

森久保「マシューにとって、日本の女性ってどうですか?」

ギュブラー「美しくて優しいです」

森久保「(観客を見て)うれしそうですよ!」

■ Twitterからの質問コーナー

森久保「(ツイッターメッセージのプリントアウト)ほら、こんな感じでいっぱいメッセージが来ています」

ギュブラー「WOW SUPER COOL!」

森久保「マシューから見て、ドクター・リードはどんな魅力がありますか?」

ギュブラー「どうして(リードが)こんなに人気があるのかわからないところもあるんですけど、日本でこれだけ人気があるっていうのは非常にうれしいことです。もっともっと撮影して、(キャラクターを)作っていきたいと思います。そして皆さん、この後ココから空港に行って、アメリカまで同行してください。アメリカでも一緒に楽しい時間を過ごしましょう(笑)」

森久保「今、シーズン12の撮影中ってことなんで、せっかくなんで、これから撮影するシーンがあるじゃないですか。ここで日本に来てくれたんで、こっそりこう、(劇中で)合図とか出されたらうれしくないですか? なんかサインを決めて」

ギュブラー「日本で流行ってるポーズ、何かないかな? (客席を見ながら)じゃあ、それ(両頬に手のひらをあてるポーズ)をやろう。飛行機で寝てるシーンとかでやるよ。(突然森久保に)とても綺麗な声だね。いつもとは逆に、僕が君の声をやってみたい。君の口パクに僕がセリフを言うのはどうだろう?」

(観客拍手)

ギュブラー「何を言えばいいだろう? (観客を指して)キミ、何を言ったらいいと思う?」

観客「アリガトスーパーゴザイマス」

ギュブラー「アリガトスーパーゴザイマ~ス」

■ 会場からの質問コーナー

森久保「マシューといえば、(幸運のジンクスとして)左右の靴下が違うデザインのものをいつもはいてますけど、きょうはどんな靴下を履いてますか?」

ギュブラー「とっても特別な靴下だよ。猫とコウモリのハロウィン柄のと、しましま柄。(観客に向かって)キミはどういう靴下を履いてるの?」

観客「ホワイトソックス」

森久保「片方に絵を描いて、違うようにしてもいい?」

(ギュブラーがスタッフからペンをもらい、その観客のところに行き足をとって、靴下に模様を描く)

森久保「11年にわたって演じてきたドクター・リードの成長は、テレビを通じて私たちが見守ってきました。リードも成長しているんですが、マシュー自身がこの11年で成長した変わったことはありますか?」

ギュブラー「ちょっと背が縮んで(笑)。リードはより自信を持つようになりましたが、僕もちょっとずつ自信がついてきました」

森久保「マシューが『クリミナル・マインド』の中で監督をする際に、最もこだわっている点はどこですか?」

ギュブラー「3つあって、一番キャストにこだわります。なので特に悪役、犯罪者は何週間もかけて配役します。また、衣装にもこだわります。こだわるあまり自分で作ることもあります。3つ目は音楽です」

森久保「撮影してるときは、マシューが演じてて、カットしたら自分でチェックするんですか?」

ギュブラー「監督してるときは、よくやる手なんですけど、机の下とかに小さなモニターを隠しておいて、演技をしながら、常にシーンがカメラにどう撮られているかをチェックしてます」

森久保「そんな撮影って、日本ではないですよね!」

ギュブラー「僕はクレイジーだから(笑)。アメリカでも、僕以外誰もやらない。一旦(撮影を)止めてチェックする時間がないから、同時にやっちゃうんです」

森久保「一週間に何日ぐらい撮影するんですか?」

ギュブラー「5日です」

森久保「じゃ2日間は休んで」

ギュブラー「土日ね(笑)」

森久保「キャストの皆さん、ドラマの中でも外でも仲の良さが伝わってきます。そんなチームメイト達の意外な一面はありますか?」

ギュブラー「シェマー・ムーア(デレク・モーガン役)は実は女性なんです。意外でしょ(笑)。ホッチ(※アーロン・ホッチナーの愛称。演じているのはトーマス・ギブソン)は本当はすごく面白いやつで、ずっと冗談ばっかり言ってます」

森久保「劇中だとずっとこうやってね(眉をひそめる)」

森久保「残念ながらお時間が来てしまいました」

ギュブラー「アリガトゴザイマス。5年前に来て、5年前に僕の体は去りましたけど、心はずっと日本に残っていました。皆さんのこと愛してます、と今英語がおかしくなりましたが、英語はあまりうまくないので(笑)」

最終更新:6/29(水) 17:31

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
12月7日

特別定価:350円