ここから本文です

鈴木保奈美“ノンママ”役で18年ぶり連ドラ主演!

Smartザテレビジョン 6/29(水) 20:55配信

8月13日(土)より、フジテレビ系“オトナの土ドラ”枠で放送されるドラマ「ノンママ白書」の主演に鈴木保奈美が起用された。

【写真を見る】高橋克典は、主人公・土井玲子の同期・本庄司を演じる

「ノンママ白書」は、マタハラ、逆パワハラ、子なしハラスメント…と次々と新しい問題が生まれる社会で働き、苦悩し、孤独と戦う“アラフィフヒロイン”の奮闘する姿を描く。

鈴木演じる主人公・土井玲子は50歳目前で、離婚経験があり、子供がいない独身女性管理職。土井は、仕事か出産か二者択一の時代に「子供を産まない」という選択をして20代、30代を無我夢中に駆け抜けた。

しかし、時代の移り変わりによってワーキングマザーが推進される世の中になると、“ノンママ”として肩身の狭い思いをしながらも、土井は社会の一員として闘い続ける。

18年ぶりの連ドラ主演となる鈴木は「この夏、私自身50歳になるタイミングでお話をいただき、不思議な縁を感じました。私が演じる土井玲子は不器用だけれど、真面目で仕事を愛し、人の悪口を言わない女性。そんな土井を私自身、徐々に好きになっているところです」とコメント。

続けて「土井は、2人の女友達と行きつけのバーであれこれ会話を楽しみます。土曜の夜遅く、視聴者の皆さんもあまり深刻にならず、お風呂上がりにパジャマを着て、ビール片手に土井たちと一緒に飲んでいる感覚でチャンネルを合わせてくださったらいいな、と思います」とアピールした。

また、土井と同じ“ノンママ”の役で菊池桃子、渡辺真起子、部下役で内山理名、同期役で高橋克典の出演も決定した。

最終更新:7/25(月) 12:06

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。