ここから本文です

気持ちを添える作りおき~オクラのゆず胡椒浸し

東京ウォーカー 6/29(水) 21:30配信

気温差も大きく、体が暑さに慣れていないこの時期は調子を崩すことも多いもの。一品料理では栄養素が偏りがちだが、作りおきおかずを副菜としてプラスすることでバランスのよい献立になる。盛夏を迎えてからも夏バテ防止のほか、整腸作用などが期待できるオクラは、ぜひ食卓に取り入れたい。調味料を最低限におさえて柚子胡椒でアクセントをつけ、さっぱりと仕上げている。食欲がない日も食べやすいのも嬉しい。

【写真を見る】<本日の献立>オクラのゆず胡椒浸し、蓮根の味噌きんぴら、車麩の南蛮漬け

【オクラのゆず胡椒浸し】

<材料>オクラ1袋、A(白だし大さじ3、水大さじ3、ゆず胡椒小さじ1)、削りがつお1袋

<作り方>(1)オクラのヘタ、ガクを切り取る。ガクから切り先を切り落としてしまわない事で、無駄なく食べられ、ゆででても水っぽくならない。(2)表面のうぶ毛を、塩でこすりながら取る。一本一本取ると時間がかかってしまうので、おくらに塩をしてまな板の上で転がしてもよい。(3)オクラを沸騰したお湯で2分茹でる。もし(2)の塩もみをしていないときは、ティースプーン山盛り1杯ほどの塩をゆで湯に入れる。オクラをゆでていると浮いてくるので、箸でオクラを回しながらゆでたり、落とし蓋をしたりする。(4)オクラの水気をしっかり切り、合わせたAに漬け、削りがつおを散らす。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:6/29(水) 21:30

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。