ここから本文です

マイナンバー制度を活用し、スマホとカード1枚で手続きを全て可能に!~100の行動72

GLOBIS知見録 6/29(水) 16:00配信

GLOBIS知見録

<100の行動72> 
マイナンバー制度を活用し、スマホとカード1枚で手続きを全て可能に!

マイナンバーを成功させるために必要な4つの提言。

1.包括性:縦割り行政を排除して、全て包括的に一枚のカード、1つの番号で対応を!
行政サービスを受けるための運転免許証、健康保険証、印鑑登録カード、施設利用カードなどを個々に管理し、持ち運ぶことは、非常に煩雑でコストがかかる。マイナンバーカードに一元化することで、利便性が劇的に向上する

2.利便性:国民の行う行政手続きは全てオンラインで、スマホからでも可能にせよ!
国民の「利便性」を高めるため、全ての行政サービスをオンラインでスマホからでも行えるようにすることが重要。さらに、基礎自治体間、民間の事業者、金融機関、郵便局などとの連携を望む

3.拡張性:銀行、医療、ライフサービスなど、民間との連携の徹底できる拡張性を!
マイナンバー制度が、行政の枠にとどまらず、民間の金融、医療・介護機関などとの連携ができることが重要。たとえば医療の現場で、過去の疾病、治療の記録・処方箋の共有化がなされれば、転院しても安心。また、そのデータを適切に管理・蓄積・分析することによって、無駄な医療費を削減し、継続的な質の高いサービスを受けることが可能になる

4.一体性:マイナンバーシステムは国と地方、さらには民間もつなげ、行政コストの徹底的な削減を!
これまでの日本の行政システムの問題点は、1700ある地方自治体が、バラバラにITシステムを構築していること。マイナンバー制度の導入は、この問題を一気に変えるチャンス。システム構築に際してはクラウドベース、パッケージベースのシステムを最大限活用し、コストを徹底的に削減することが求められる

スピーカー
堀 義人/グロービス経営大学院 学長

(肩書は2016年6月のもの)

堀義人

最終更新:7/6(水) 17:00

GLOBIS知見録

記事提供社からのご案内(外部サイト)

GLOBIS知見録

株式会社 グロービス

国内最大MBAスクールの学びが満載の「ビジネスを面白くするナレッジライブラリ」。マネジメントやリーダーシップに関する動画やコラム、セミナー情報などをお届けします

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。