ここから本文です

桐谷健太、『ターザン:REBORN』L.Aプレミアでアレクサンダー・スカルスガルドと対面

リアルサウンド 6/29(水) 5:00配信

 アレクサンダー・スカルスガルドが主演を務める映画『ターザン:REBORN』のL.Aプレミアが、現地時間6月27日、米ロサンゼルスのドルビー・シアターにて行われ、スカルスガルドやデヴィッド・イェーツ監督とともに、ターザン役の日本語吹替版を担当した桐谷健太が参加した。

 本作は、エドガー・ライス・バローズによる小説『ターザン』を基にしたアクション・エンターテインメント。英国貴族として暮らすジョンこと“ターザン”が、愛する妻と故郷を救うため、ジャングルに戻り、すべてを取り戻そうと奮闘する模様を描く。

 L.Aプレミアには、主人公ターザン役のスカルスガルドをはじめ、マーゴット・ロビー、サミュエル・L・ジャクソン、クリストフ・ヴァルツらキャスト陣、メガホンを取ったイェーツ監督らが出席。約3000人のファンが見守る中、ターザン役の日本語吹替を担当した桐谷は、ターザンを意識したグリーンのベルベット地のジャケットで登場した。桐谷がターザンポーズを披露すると、プレミアに招待されていたアンジェリーナ・ジョリーの父親で『真夜中のカーボーイ』のジョン・ヴォイトが日本のクルーに「彼は誰だ?」と尋ねる場面も。

 プレミア前日のプレス取材が初対面だったスカルスガルドと桐谷。スカルスガルドは桐谷のことを「ケンタ」と呼び、「(彼が)ジャパニーズ・ターザンだ!」と紹介。「いつか桐谷さんと共演してみたいか?」との質問に対しては、「僕らは“ターザン2”を一緒にやるんだ。スウェーデンのターザンと日本のターザンが一緒にね!」と笑顔でコメントした。さらに、先日来日を果たしたスカルスガルドは日本のファンに向けて、「僕を迎えてくれて本当にありがとう! 僕の生涯で最高の旅のひとつだったよ」と語り、桐谷に対して「今度は(桐谷の趣味である)銭湯めぐりを一緒にしよう」と誘う一幕も。

 映画については、「僕のキャリアで最も長期間かつ最もハードな撮影になった。その一方で、得られるものも最も大きかった。自分がこの世界の一部であれるなんて信じられなかったよ」と撮影を振り返り、最後は桐谷と2ショットで肩を組み、日本語で「(映画を)観てね!」と息の合った様子を披露した。

 ヒロイン役のロビーは自身が演じた役柄について、「彼女に似ている部分は、私の中に確実にあるわ。(危機に直面しても)ただじっとして誰かが助けてくれるのを待ったりしない。自分で一生懸命模索するわ。2016年にこの映画を観るすべての女性に共感してほしい」と語る。桐谷と初対面のジャクソンは、桐谷の筋肉を触りながら「いいね!」とコメントした。イェーツ監督も桐谷について、「彼はターザンの声にすごい気高さと優雅さと重厚さをもたらしてくれた。みんなが観たいターザンになったよ、ありがとう!」と太鼓判を押した。

 最後に桐谷は、「本当に華やかだし熱気がすごい。ハリウッドスターのアレクサンダーも気さく。貴重な体験ができて楽しかった」と充実した表情を見せながら、「今度は日本映画を海外の人に見て欲しい」とコメント。さらに、「皆さんのイメージや想像を覆す、すべてが新しいターザンになっています。この暑い夏にぴったりの、キンキンに冷えた爽快感満載のスタイリッシュ・アクション大作なので、ぜひ楽しみにしていてほしいです!」と作品をPRをして締めくくった。

リアルサウンド編集部

最終更新:6/29(水) 5:00

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。