ここから本文です

歌詞を魅せる、新感覚スピーカー《リリック・スピーカー》。

Casa BRUTUS.com 6/29(水) 12:30配信

スピーカーに美しく歌詞が表示される《リリック・スピーカー》が登場!

スマホなどから好きな曲を再生すれば、曲の進行に合わせて、透過スクリーンにモーショングラフィック、歌詞が浮かび上がるという新感覚のスピーカー、それが《リリック・スピーカー》だ。

ゆったりとしたバラードであれば、その雰囲気に合った優しいフォントや動きに、エネルギッシュな曲であれば、力強い動きを魅せる。楽曲の雰囲気や構成を、産業技術総合研究所の音楽解析技術が自動解析し、スピーカーに搭載された表現エンジンがそれぞれの楽曲に対してモーショングラフィックを生成する。

歌詞はデータベースから取得しており、対応する楽曲数は120万曲以上。 国内最大級の歌詞データベース会社であるシンクパワー(プチリリ)と提携。邦楽においてはメジャーレーベルから発売されている楽曲を幅広く網羅し、洋楽については、有名曲中心のラインナップとなっている。対応楽曲は随時拡充する予定だ。

《リリック・スピーカー》を開発したのは、映像や広告などを手がけるクリエイティブ・カンパニー、SIX。2015年、米国・テキサス州オースティンで開催された「サウス・バイ・サウスウエスト(SXSW)・インタラクティブ・フェスティバル」の「第7回 SXSWアクセラレーター・コンペティション」のエンターテインメント・コンテンツテクノロジー部門ファイナリストに日本企業として初めて選出され、アジア初『Best Bootstrap Company』賞を受賞した。世界が注目する新感覚スピーカー、音楽の新しい楽しみ方をいち早く体験して欲しい。

リリック・スピーカー(Lyric Speaker)

324,000円(税込)。2016年6月プレオーダー。販売店舗:伊勢丹新宿本店、三越銀座店(特設スペースは6月21日まで)、三越日本橋本店(特設スペースは6月28日まで)。

text_Keiko Kusano

最終更新:6/29(水) 12:30

Casa BRUTUS.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。