ここから本文です

爆音映画祭とのコラボ企画“爆音DAY”も 「シネ・ロック・フェスティバル2016」開催へ

リアルサウンド 6/29(水) 7:00配信

 「シネ・ロック・フェスティバル2016」が、7月23日から8月5日にかけて、丸の内ピカデリーにて開催されることが決定した。

 「シネ・ロック・フェスティバル」は、アーティストによるライブ映像やドキュメンタリー、ロック映画などを上映する企画イベント。昨年開催された「シネ・ロック・フェスティバル2015」に続き2回目の開催となる今回は、20作以上の映像・映画が上映される。

 上映作品には、アメリカのシンガーソングライター、ハンク・ウィリアムスを『マイティ・ソー』シリーズのトム・ヒドルストンが演じた『アイ・ソー・ザ・ライト』(オープニング作品)、ヒップホップグループN.W.A.の伝記映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』、第87回アカデミー賞3冠に輝いた『セッション』をはじめ、2017年には日本でも開催されることが決定しているデヴィッド・ボウイの回顧展を舞台にした『デヴィッド・ボウイ・イズ』、プリンス主演の自伝的青春映画『プリンス/パープル・レイン』という、今年亡くなった2人のアーティストの関連作品もラインナップされている。国内アーティストの関連作品では、忌野清志郎による同名ライブツアーの記録映像を基にした『忌野清志郎 ナニワ・サリバン・ショー~感度サイコー!!!~』や、2000年7月に解散したBLANKEY JET CITYのラストツアーに密着したドキュメンタリー『ブランキー・ジェット・シティ/VANISHING POINT』などが上映される。

 さらに、ライヴ用の音響システムを使い、大音量かつ繊細なチューニングで映画を上映する映画祭“爆音映画祭”の徹底監修によるコラボイベント“爆音DAY”の開催も決定。7月29日から31日の3日間は、厳選された15作品が“爆音上映”される。ラインナップは公式サイトにて発表される予定だ。

 なお、オープニング作品『アイ・ソー・ザ・ライト』の上映時には記念イベントも開催される。ラジオDJのピーター・バラカンと音楽評論家の萩原健太によるトークショーが行われるほか、来場者全員に『アイ・ソー・ザ・ライト』US版ポスターがプレゼントされる。

上映作品:
『アイ・ソー・ザ・ライト』
『ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト』
『ストレイト・アウタ・コンブトン』
『セッション』
『ピンク・フロイド/ザ・ウォール』
『プリンス/パープル・レイン』
『12-12-12/ニューヨーク、奇跡のライヴ』
『エリック・クラプトン/プレーンズ・トレインズ・アンド・エリック~ジャパン・ツアー2014』
『スコーピオンズ フォーエヴァー・アンド・ア・デイ』
『T.レックス/ボーン・トゥ・ブギー』
『デヴィッド・ボウイ・イズ』
『ニール・ヤング ジャーニーズ』
『ポール・マッカートニー&ウイングス/ロックショウ』
『忌野清志郎 ナニワ・サリバン・ショー ~感度サイコー!!!~』
『ブランキー・ジェット・シティ/VANISHING POINT』
『ミッシェル・ガン・エレファント“THEE MOVIE”-LAST HEAVEN 031011-』
『矢沢永吉/E.YAZAWA ROCK』
『KISS ロックス・ヴェガス』
『クイーン・ロック・モントリオール 1981』
『シガー・ロス インニイ』
『トーキング・ヘッズ/ストップ・メイキング・センス』

リアルサウンド編集部

最終更新:6/29(水) 16:48

リアルサウンド

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。