ここから本文です

巨大天蓋「カノペ」の下、新レ・アールがオープン

Casa BRUTUS.com 6/29(水) 15:00配信

パリの元中央卸売市場レ・アールの再開発プロジェクトがついにお目見え。

目玉は、地下鉄や郊外線の幹線駅、ショッピングモール、公共文化施設を内包する〈フォーラム・レ・アール〉だ。パトリック・ベルジェ建築事務所の設計による、光と風を通すガラスの巨大天蓋「カノペ/林冠」をシンボルに話題を集める。

〈ZA〉

Passage de la Canopee 75001, Paris。

photo_(c)Franck Badaire Photographe, D Delmas text_Chiyo Sagae

最終更新:6/29(水) 15:00

Casa BRUTUS.com

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。