ここから本文です

「メッシは考え直すはずだ」 スアレスがバルサ盟友の代表引退宣言の撤回を確信

Football ZONE web 6/29(水) 16:41配信

地元ラジオ局に語る 「本当にそうなったらサッカー界の悲劇だ」

 アルゼンチン代表からの引退を宣言して世界中に衝撃を与えたリオネル・メッシについて、バルセロナで同僚のウルグアイ代表FWルイス・スアレスは「考え直すはずだ」と宣言の撤回を確信している。ウルグアイ地元ラジオ局「Tenfield」に語ったもの。

【写真特集】マラドーナの後継者と期待された「アルゼンチンの天才10人」

「僕はメッシが考え直すと確信しているよ。どう考えても、彼はサッカーの歴史のなかでも最高の選手だ。彼は敗戦してしまったショックと悲しみのあまりに口走ってしまったんだと思うよ。もし本当にそうなってしまったら、サッカー界にとって悲劇だよ」

 メッシは南米選手権決勝のチリ戦で、PK戦にもつれ込むと1人目のキッカーとして登場。しかし、黄金の左足から放たれたシュートはクロスバーを大きく越えていった。結果、アルゼンチンはチリに敗戦。またしてもA代表で、メジャーな国際タイトルに手が届かなかった。

 PK戦の最中からうつむき、そわそわと落ち着かない仕草を見せていたメッシから衝撃の言葉が出たのは試合後のミックスゾーンだった。突如「代表のための時間は終わった」と、アルゼンチン代表からの引退を示唆した。その後、アンヘル・ディ・マリアやセルヒオ・アグエロ、ハビエル・マスチェラーノといった主力選手たちも追随する構えを見せる大騒動になっている。

 しかし、所属のバルセロナでブラジル代表FWネイマールも合わせて「MSNトリオ」と呼ばれる攻撃ユニットを組むスアレスは、その発言が敗戦のショックのあまりに口走った気の迷いであると話し、発言の撤回を確信しているという。クラブでの同僚からのエールとも取れるメッセージに応え、メッシはアルゼンチン代表でのプレーを継続するだろうか。

ゾーンウェブ編集部●文 text by ZONE web

最終更新:6/29(水) 16:41

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。