ここから本文です

“コンテサッカー”の申し子が今夏チェルシーに移籍!? 代理人が断言「もし呼ばれれば…」

Football ZONE web 6/29(水) 18:31配信

EUROで輝きを放つジャッケリーニ 獲得に複数クラブが関心

 欧州選手権(EURO)の決勝トーナメント1回戦で、3連覇を狙うスペインを下してベスト8に進出したイタリア代表MFエマヌエレ・ジャッケリーニの代理人フリオ・ヴァルカレッジ氏が、強豪チェルシーへの移籍の可能性について語った。同氏は伊ラジオ局「Lady Radio」に対して「コンテに呼ばれれば、我々はチェルシーに行く」と、指揮官から必要とされればイングランド再上陸の可能性はあると語った。

【写真特集】スペイン紙女性記者が厳選! EUROの「セクシーイレブン」

 チェゼーナやユベントスなどでプレーした経歴を持つジャッケリーニは、2013年にプレミアリーグのサンダーランドへ移籍。しかし、イングランドでは適応に苦しみ出場機会が減少し、昨年セリエAのボローニャに期限付き移籍をしていた。母国で復調したことでEURO2016の登録メンバーにも選ばれ、ここまで3試合に出場するなどレギュラーとして大舞台で躍動している。

 保有権は17年6月末まで契約を結ぶサンダーランドにあるため、今夏に一度サンダーランドに戻ることになるが、今夏には再び移籍が噂されている。セリエAへの再復帰が濃厚だが、ヴァルカレッジ氏によれば別のオプションも残されているという。

「トリノやボローニャの可能性がある。しかし、国外の複数チームも選択肢にある。そして(フィオレンティーナのSD、パンタレオ・)コルヴィーノと会う可能性もある。だが、彼はまだ私に連絡してきていないよ」

 現時点では今季プレーしたボローニャをはじめ、トリノ、フィオレンティーナという母国の3クラブの他に国外の数クラブが獲得に関心を寄せている状況だという。

31歳で臨んだ大舞台で改めて価値を証明

 ジャッケリーニは豊富な運動量を武器に、ここまでEUROでチームMVP級の活躍を見せている。初戦のベルギー戦(2-0)では貴重な先制ゴールを決めて、チームに勢いをもたらした。信頼を寄せるコンテ監督は今大会を最後に代表監督を退任し、チェルシーの新監督となることが決定しているが、2人は来季クラブで共闘する可能性もあるようだ。

「ジャッケリーニのキャリアの頂点となるかもしれないね。もしコンテに呼ばれれば、我々はチェルシーに飛んで行くよ」

 チェゼーナ時代にはインテルの日本代表DF長友佑都と同僚だった身長167センチの小柄なアタッカーも、今年で31歳となった。イタリア代表でその価値を改めて示した男に、コンテ監督からご指名はかかるのだろうか。

ゾーンウェブ編集部●文 text by ZONE web

最終更新:6/29(水) 18:31

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。