ここから本文です

「誇大広告」「詐欺」 リバプールのレジェンドが英代表の歴史的敗退でプレミアを一刀両断

Football ZONE web 6/29(水) 20:07配信

元独代表MFハマン氏が英紙に酷評 「チェコ車をランボルギーニ代で売ってきた」

 リバプールなどで活躍した元ドイツ代表MFディトマール・ハマン氏が、近年のプレミアリーグについて「詐欺」「平均的な選手にワールドクラスの給与を払っている」と一刀両断にしている。英紙「デイリー・ミラー」が報じた。

【随時更新】EURO2016を彩る欧州の美女サポーター写真集

 イングランドはフランスで行われている欧州選手権(EURO)で、伏兵アイスランドに1-2で敗れてベスト16で早々に姿を消した。歴代最強との呼び声もあったなかでの期待ハズレの完敗劇で、ロイ・ホジソン監督は辞任。選手もパフォーマンスを酷評されるなど、イングランド国内は大きく揺れている。

「イングランド人はプレミアリーグの誇大広告を信じ切っている。彼らはこの15年間、シュコダ(チェコ自動車メーカー)の車をランボルギーニの値段で売ってきた。プレミアリーグは平均的だ。スペインやドイツのフットボールの基準やクオリティーを見てほしい。イングランドとは全く異なるリーグだ。世界中で見られているが、ベストなテレビ番組を制作しているわけではない」

 ハマン氏は、かつて活躍した舞台プレミアを切り裂いた。イングランド代表の低迷にはプレミアリーグの状況が大きく影響していると分析する。世界最高峰リーグの一つに数えられるプレミアリーグは、近年は世界各国で放映され、テレビ放映権料の高騰によって各クラブが潤沢な資金を得たことでスター選手が続々と集まっている。一方、英国出身選手の優遇策「ホームグロウン選手枠」が存在し、各クラブともにイングランドクラブの下部組織出身選手をベンチメンバーに登録しなければいけないために、英国人選手というだけで、能力以上の高給を手にできるケースが増えている。

「プレミアリーグは明らかにインフレだ」

「彼らは一つのブランドを作り上げた。彼らは口先だけだ。選手は大金を稼いでいる。彼らは毎晩眠る前にキャンドルに火を灯すべきだ。なぜなら、彼らがアイスランド人やポルトガル人、オランダ人、そしてドイツ人だったとしたら、4分の1のお金を稼ぐことすら難しいんだからね、お金を払っているクラブに責任はないよ。しかし、明らかにインフレだ。プレミアリーグは詐欺だ」

 プレミア批判はエスカレートし、ついに「詐欺」呼ばわりに至った。

「みんなプレミアリーグをテレビで見るために、たくさんのお金を生み出している。それは彼らが世界最高のリーグだと信じているからだ。でもUEFAチャンピオンズリーグで、イングランドのチームはここ数年ずっと苦しんでいる。準決勝にプレミアの3チームが勝ち残っていた時代から、10年から15年経った。今ではベストプレイヤーは、バイエルン・ミュンヘンやバルセロナ、レアル・マドリードでプレーしている。その一方、彼らは平均的な選手にワールドクラスの給与を支払っている」

 世界最高の選手を獲得できないが、凡庸な選手を高値で買い漁っていると酷評している。それでも、EUROでイングランド代表が早期敗退したことについては「ショックだったよ。でもサプライズだとは思わない」とバッサリ。徹頭徹尾イングランドサッカーに厳しい意見を吐き続けたハマン氏。今回のイングランド代表の体たらくでは、致し方ないのかもしれない。

ゾーンウェブ編集部●文 text by ZONE web

最終更新:6/29(水) 20:07

Football ZONE web