ここから本文です

イングランドの次期指揮官に外国人監督? FAのCEOが可能性を示唆

フットボールチャンネル 6/29(水) 10:50配信

 イングランドサッカー協会(FA)のマーティン・グレンCEOが、辞任を発表したロイ・ホジソン監督の後任について言及した。28日に英紙『スカイスポーツ』が報じている。

 EURO2016に臨んだイングランドは、決勝トーナメント1回戦でアイスランド代表に1-2で敗れ、ベスト16で大会を去っていた。チームを率いていたホジソン監督は、英メディアなどから痛烈な批判を受ける中、辞任を発表している。そして、現在はFAが後任探しに動いていた。

 グレンCEOは後任について「我々は監督の仕事に最適な人を探している。我々はどんな人も除外しない」とし、「幅広い意見や多くの人の知恵を活用しようと考えている」と、イングランド人監督に拘らず、外国人監督も候補として考えていることを示唆している。

 また、一方で「ロシアW杯を視野に入れて前進していく。それに向けて、我々は新しいアプローチを仕掛けていくだろう」と答えた。果たして、次期イングランド代表監督は誰になるのだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:6/29(水) 10:58

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。