ここから本文です

EURO敗退で“時代”の終わりを叫ばれるスペイン。S・ラモス「家のソファから話すのは簡単」

フットボールチャンネル 6/29(水) 11:00配信

 レアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスは、スペイン代表の終わりという意見に反対している。28日付け『マルカ』が報じた。

 スペイン代表はEURO2016決勝トーナメント第1回戦イタリア代表戦に2-0と敗戦し、2連覇中のEURO敗退が決定。ここ10年間で1度のW杯優勝、2度のEURO優勝と無敵の強さを誇ったスペイン代表だが、この敗戦で主力選手の高齢化が進み世代交代が必要という世論も出てきた。

 しかし代表主将のS・ラモスは「ポテトチップスの袋を手に持ってソファに座って話すのは簡単だよ。自分は世代交代が必要かどうかはわからない、なぜなら他の国々の代表には35歳以上の選手たちが活躍しているからね。負けた時はできるだけ話さないほうがいいよ」と“クギ”を刺した。

「自分の今までのキャリアで、年齢が上だろうと情熱を失わない選手たちを見てきた。勝利したいという“野望”を失わないことが大事だよ。過去に生きていては、ここでは何もできない」と語るS・ラモス、目指すは2018年ロシアW杯だが、果たして新しい時代の幕開けとなるのだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:6/29(水) 11:01

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。