ここから本文です

メッシの代表引退表明に…アルゼンチン大統領も撤回を要求。電話で説得か

フットボールチャンネル 6/29(水) 11:10配信

 アルゼンチンのマウリシオ・マクリ大統領が、代表引退を表明したリオネル・メッシに対して再考するように迫った。28日に英メディア『ESPN FC』が報じている。

 メッシは、コパ・アメリカ決勝でチリ代表に敗れた後に代表引退を表明した。しかし、ファンやサポーターがツイッター上で「辞めないで」とつぶやくなど、反対する声で溢れている。

 アルゼンチンの大統領はメッシについて「私は彼に感謝している。彼は私たちに幸運をもたらし、生活に喜びを与えてくれた。サッカー狂の国であるために、世界最高の選手が現れたことは神からの贈り物だろう」と語り、同選手の活躍に感謝を示した。

 しかし、一方で「サッカーファンとして、私はあなたの決定を再考するように求める」とコメント。同メディアによると、アルゼンチン大統領は電話でメッシと話し合い、説得を試みていたようだ。アルゼンチン国内ではSNSなどを通じて”メッシ辞めないで”運動が起こるなど、メッシの代表引退表明に動揺が走っている。

フットボールチャンネル

最終更新:6/29(水) 11:20

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。