ここから本文です

内田彩が“ハルカカナタ”のファンに届けた歌と言葉 “武道館前”最後のワンマンライブをレポート

リアルサウンド 6/29(水) 16:10配信

 内田彩が6月26日、パシフィコ横浜国立大ホールにて『AYA UCHIDA LIVE TOUR 2016 ~a piece of colors~』のファイナル公演を行なった。

 約1カ月前に行なわれたコンセプトライブ『内田彩 CONCEPT LIVE 【Bitter Kiss】/【Sweet Tears】』では、2月にリリースしたコンセプトアルバム『Bitter Kiss』『Sweet Tears』にちなんで、2公演でそれぞれのカラーを見せてくれた内田。8月13日には初となる武道館公演も決定し、デビューから1年半とは思えないリリースラッシュとともに、その勢いは加速するばかりだ。

 この日のライブは、宮崎京一(Gt.)、黒須克彦(Ba.)、村田一弘(Dr.)、櫻田泰啓(Key.)そしてバンマスの東タカゴー(Gt.)の5人をバックバンドに従え、アンコール含めた20曲を披露。序盤は「スニーカーフューチャーガール」「Breezin’」と疾走感のある楽曲で会場を盛り上げ、切なさを含んだポップロック「Sweet Rain」から、晴れやかな「Let it shine」、その勢いをさらにドライブさせる「Go! My Cruising!」、内田が「夏ですからね、熱いですから」と前置きし、ファンとともにタオルを振り回した「Growing Going」と、一気に駆け抜ける展開へ。

 ここでいったんバンドメンバーは退場。一人ステージに残った内田は、「心細いよー!」と言いながら、ペンライトを手にした。そして「このツアーは『a piece of colors』ということで、いろんな色を各地で集めて、武道館への道のりを!」と宣言し、客席の色彩をコントロールしていく。赤と青のペンライトが煌いた「color station」、横浜のサンセットが屋内に表現された「オレンジ」、各地の色(仙台はずんだの緑、大阪は笑いから連想したオレンジ)を決め、横浜では夜景をイメージした紫が会場に広がった「Sweet Dreamer」を歌い上げた。その後のMCでは、「いつもみんなには綺麗な景色を見せてもらっているので、今日は私も一緒にその一員になってみたいと思って考案した」と振り返った。

 「次の曲は黄色!」と宣言し、先日のコンセプトライブで振り付けを初めて披露したのは、カラフルなポップチューン「Party Hour Surprise!」。同曲をキュートに歌い踊ると、ピンク色が会場を包み込んだ「Floating Heart」を熱唱した。内田が「好きな色でいいからねー!」と叫んだ「Merry Go」では、ダンサブルな四つ打ちのビートとキュートな声に合わせ、5000人のペンライトが色鮮やかに点滅。楽曲の世界観を何倍にも膨らませていた。

 ライブは後半へ突入すると、内田はバンドメンバーを再度呼び込み、観客に紹介。「ここからはビシっとカッコよく歌いたいと思います!」と語り、「最後の花火」から「Like a Bird」、「絶望アンバランス」、「キリステロ」と“ロックな内田彩”を前面に押し出した展開に。何かが彼女に乗り移ったかのように、声色から一挙手一投足までが別人に見えるのは、演者としてのキャリアと実力があってこそだろう。経験したすべてのことが今に、武道館に、そしてその先へと繋がっていくのだと感じさせられた。

 最後の「Blooming!」前には、「みんながひとつひとつの種に見えるあの曲なんですけど」と告げると、何の楽曲が披露されるか察知したファンから声援を浴びる一幕も。内田は「いつもはピンク色ですけど、このツアーからはぜひカラフルな自分の色を、自分の花を咲かせて貰えたら嬉しいな」と呼びかけ、<咲き誇れ みんな>と歌い上げる彼女を、色とりどりのペンライトと一体感のあるコールが会場を包み込み、ライブ本編は終了した。

 歓声に応えて行なわれたアンコールは、スピーディーな展開とスウィートな歌詞が特徴の「ドーナツ」からスタート。内田は「後ろで着替えているとき、みんなのアンコールの声、これ(イヤモニ)を外すとすっごくうるさいよ(笑)。でもほんとにありがとうー!」とファンの熱量に感謝したあと、「ファイナルだけ特別に、ツアーで出会ってきたみんな、今日ここに来てくれたみんなにこの曲を」と語り「ハルカカナタ」を披露。最後に、地方で会ったファン、この日遠方から訪れたファンに向け、「色んな地方でライブができたらいいなと思います!」と語り、彼女が歌手活動をスタートした楽曲「アップルミント」でアンコールを締めくくった。

 7月のバースデーイベントを除くと、内田にとってはこれが武道館前最後の単独ライブ。その公演を良い形で締めくくったことは、きっと武道館への弾みになるに違いない。持ち曲すべてを披露するという武道館ライブは、内田の持つ“顔”をどこまで見せてくれるのか、ますます楽しみになるツアーファイナルだった。

■セットリスト
1.スニーカーフューチャーガール
2.Breezin’
3.Sweet Rain
4.Let it shine
5.Go! My Cruising!
6.Growing Going
7.color station
8.オレンジ
9.Sweet Dreamer
10.Party Hour Surprise!
11.Floating Heart
12.Merry Go
13.最後の花火
14.Like a Bird
15.絶望アンバランス
16.キリステロ
17.Blooming!
En1.ドーナツ
En2.ハルカカナタ
En3.アップルミント

中村拓海

最終更新:6/29(水) 16:10

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。