ここから本文です

ドルト“10番”、マンU移籍が決定へ。クラブCEOも「週末には交渉が成立する」

フットボールチャンネル 6/29(水) 21:08配信

 ボルシア・ドルトムントの背番号10番MFヘンリク・ムヒタリアンは、間もなくマンチェスター・ユナイテッドへの加入が決定するようだ。28日にドイツの通信社『フンケ・メディエングルッペ』が報じている。

 ムヒタリアンは、ドルトムントとの契約が2017年で切れることから来年にフリーで移籍させないためにも今夏に移籍する可能性が高いと噂されて来た。そこで、新天地としてユナイテッドが最有力候補だとみられているが、そのことをドルトムントのハンス・ヨアヒム・ヴァツケCEOも認めているようだ。

 同CEOは、ムヒタリアンの交渉について次のように語っている。

「マンチェスター・ユナイテッドはかなりオファー額を上げて来たよ。よって状況は変わったんだ。このようなケースでは評価すべき点が沢山あるからね。この交渉を担当している彼の代理人とはすでに接触をしたよ。今週末にあらゆる損得について検討するつもりだ」

 現在ユナイテッドが提示した移籍金は3300万ポンド(約45億円)のようだ。そしてムヒタリアンには、年棒1000万ポンド(約13億円)をオファーしたとみられている。

 同じ代理人が担当するスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチも加入することになると言われているユナイテッド。新指揮官のジョゼ・モウリーニョ監督は、その贅沢な資金で着実に来季のチーム作りを進めているようだ。

フットボールチャンネル

最終更新:6/29(水) 21:59

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。