ここから本文です

評判の良い国・地域ランキング、北欧が高評価 日本は14位

Forbes JAPAN 6/29(水) 17:30配信

米ボストンに拠点を置くコンサルティング会社、レピュテーション・インスティテュート(RI)はこのほど、2016年度版の「最も信頼できる国・地域ランキング」を発表した。



今回のランキングでは、スウェ―デンとフィンランド、ノルウェー、デンマークと、いずれもスカンジナビアの国がトップ10に入った。

1位のスウェーデンは、昨年から2つランクを上げた。「効率的に機能する政府」の項目で最高スコアを獲得したほか、「環境の良さ」「経済発展の度合い」の項目でも2位の評価だった。また、外国人に対する態度や安全性でも高い評価を受けた。

一方、昨年首位のカナダは2位。南北アメリカ地域で唯一、上位10か国に入った。「平和」「汚職が比較的少ない」の項目で高スコアを収めている。次いで3位のスイスは、上位の常連国。昨年は4位、2014年はトップだった。

内外の評価に「ズレ」がある国も

調査対象の70か国・地域の一部には、自国民とその他各国の人たちによる評価の間にずれが目立った。

自己像と世界的にみた現実との食い違いが最も大きかったのはロシア。獲得スコアは39.82で、全体としての評価は65位だった。一方、ロシア人による評価だけをみると、同国のスコアは80.8で、トップのスウェーデンが獲得した78.34さえ上回った。

中国も同様に、国外からの評価と自国の見方に大きな差があった。そのほか、インドは獲得スコアが50.3で44位だったものの、国内での評価は81.6。ロシア以上に、自らに対する肯定的なイメージを持っていることが分かった。

ランキングの作成にあたり、RIは先進8か国の4万8,000人を対象にオンライン調査を実施。独自に開発した「The RepTrak(レプトラック)」に基づき、16項目の質問についてスコアで回答を得た。主な質問項目は、「訪問先として安全か」「外国からの移住者を歓迎し、友好的に対応するか」「先進的な社会経済政策を取り入れているか」「政府は効率的に機能しているか」など。

「最も信頼できる国・地域」 20位までを紹介

今年の「最も信頼できる国・地域ランキング」、上位20か国は以下のとおり。日本は14位だった(かっこ内は昨年の順位:ベスト10入りしていた国のみ)。
1位 スウェーデン(3)
2位 カナダ(1)
3位 スイス(4)
4位 オーストラリア(5)
5位 ノルウェー(2)
6位 フィンランド(6)
7位 ニュージーランド(7) 
8位 デンマーク(8)
9位 アイルランド
10位 オランダ(9)
11位 オーストリア
12位 イタリア
13位 英国
14位 日本
15位 フランス
16位 ベルギー(10)
17位 スペイン
18位 ドイツ
19位 ポルトガル
20位 シンガポール

Karsten Strauss

最終更新:6/29(水) 17:30

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。