ここから本文です

【リオ五輪代表】興梠のOA内定に危機感を覚える浅野。「実戦でアピールするのが一番の近道」

SOCCER DIGEST Web 6/29(水) 13:37配信

「リーグでのこの2試合ゴールがないので、南アフリカ戦では結果にこだわりたい」

 合宿初日こそ疲労を考慮されて早めに練習を切り上げたが、2日目以降はフルメニューを消化。本人も「まったく問題ない」と語る通り、浅野拓磨のコンディションは上々のようだ。

【リオ五輪代表】南アフリカ戦に挑む21人が決定。中島、室屋、鈴木らが復帰

 先日、オーバーエイジの3人目としてFW興梠慎三の内定が発表された。浅野にとっては強力なライバルとなるが、その目は最後のアピールの場となる南アフリカ戦にフォーカスされている。
 
「興梠さんは能力のある選手ですし、危機感を感じていますが、オリンピックのことはメンバーに選ばれてから考えればいい。まずは最終メンバー(18人)に入るために何が必要か。誰ひとり選ばれるのが決まっている選手はいない。やっぱり結果がすべてなので、実戦でアピールすることが一番の近道かなと。残り少ない枠の中に入り込めるように、自分の特長を出していきたいです」
 
 浅野は6月にA代表のキリンカップメンバーに招集され、初ゴール、初スタメンを記録した。本田圭佑や香川真司ら海外組も含めたチームで実際にピッチに立ち、年代別代表とはまた違う、レベルの高さを感じたという。今はそれらの経験を、キャプテンの遠藤航らとともに、U-23代表の仲間たちに示していく立場にある。
 
「A代表に入って感じたのは、テクニックの高さはもちろん、球際の厳しさだったり、守備の重要性を一人ひとりが理解してやっていると感じた。それらを口で伝えたり、リーダーシップを発揮して引っ張っていったりいろんな形がありますけど、一番はピッチの中で実践することだと思います。僕自身もそれ(球際や守備)を課題としているので」
 
 松本合宿前のJ1ラスト2試合でスタメン出場を果たし、コンディションも上がってきている。あとはゴールという結果を残すのみだ。
 
「チームではスタメンで出させてもらっていますけど、いつ(サブと)入れ替わるかという危機感、緊張感を感じながらやっている。そういう意味では、普段から競争心がついているのは良いと思います。(リーグでの)この2試合でゴールがないので、結果にこだわりたい」
 
 29日の南アフリカ戦、試合会場となるアルウィンには、ゴールを追い求めてピッチを躍動する“ジャガー”浅野の姿がきっとあるはずだ。
 
取材・文:小田智史(サッカーダイジェスト編集部)

最終更新:6/29(水) 13:58

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。