ここから本文です

【リオ五輪代表】「試合後には託す人、託される人に」U-23としてのラストマッチへ手倉森監督が思いを込める

SOCCER DIGEST Web 6/29(水) 15:43配信

「この試合のあとにはメンバーが決まる。託す人と託される人に分かれる」

[国際親善試合]U-23日本代表 ― U-23南アフリカ代表 6月29日/松本
 
 リオ五輪登録メンバー入りを懸けたサバイバルマッチを前に、手倉森誠監督は記者会見に臨み、選手たちに集大成のゲームとしてU-23世代の可能性を示すような戦いを望んだ。
 
「選手たちにもアンダー23だけで活動する最後の強化試合、国内最後の試合だと話をしている。この世代の、このチームの、これまでとこれからをピッチで注げと。(中略)そして、この試合が終われば、いよいよオリンピックのメンバーが決まることを選手たちと触れて、託す人と託される人に分かれるという話をした」
 
 最後の奮起を促した。いかにも手倉森監督らしい人情味に溢れたメッセージだ。18人の登録メンバーのうち、すでにオーバーエイジに内定している3人(藤春廣輝、塩谷司、興梠慎三)のほか、欧州組の南野拓実、久保裕也のふたりもメンバー入りは当確と見られる。さらに、今回は松本合宿に招集が見送られている岩波拓也もメンバー入りが微妙な状況。招集された21人のうち半数近くが登録メンバーから外れ、“託す”側に回るのだ。
 
 そうして“託される”18人によってリオ五輪を戦うことになるが、指揮官は、このチームが育んできたものを背負って戦わなければいけないと強調する。
「このチームが育んできたものはこの世代のまとまりであり、これまでに招集した78人の成果がアジアチャンピオンという結果になっている。現実として18人に絞られるが、この世代で成し得る目標に対しての志はみんな一緒。託された人はそういった仲間の想いを十分に汲んで、より覚悟を持って戦わなければならない」
 
 当落線上にある選手たちにとっては、まさに生き残りをかけたアピールの場になる。ただし、五輪といえども通過点にすぎず、手倉森監督はリオが最終目標ではないことを改めて選手たちに話している。
 
「このメンバーは自分のアピール以上に、この世代のアピールをやってくれる。だからこそ、谷間の世代と言われたところからアジアチャンピオンになれたのだと思うし、オリンピックがゴールではなく、すべてではないという話を選手にはした。将来は日本のサッカーを担っていけるようなところを目指してほしい」
 
“託す人、託される人”が決まる、登録メンバー発表は7月1日。南アフリカ戦が終われば、選手にとっても、そして指揮官にとっても悩ましい時間が訪れる。

【南アフリカ戦プレビュー】生き残り懸けたラストゲーム。仮想ナイジェリアとしても重要な一戦

最終更新:6/29(水) 15:49

SOCCER DIGEST Web