ここから本文です

【リオ五輪代表】"10番奪回"へ中島が猛アピール!大島からのラストパスには「優しい人なので」

SOCCER DIGEST Web 6/29(水) 23:23配信

リオ五輪前の国内ラストマッチで圧巻の2ゴール!

[キリンチャレンジカップ2016]日本4-1南アフリカ/6月29日/アルウィン

 リオ五輪前、国内でのラストマッチで南アフリカと対戦したU-23日本代表は4-1で勝利を掴んだ。

【U-23 日本 対 南アフリカ PHOTO】中島、矢島の2ゴールと浅野のダメ押しゴールで圧勝!

 7月1日の本大会メンバー発表直前の一戦で輝いたのは、負傷明けで、これまで背負ってきた10番を矢島慎也に譲ることとなった中島翔哉だ。



 2トップの一角で先発した中島は、相手の屈強なDFに囲まれても簡単に後ろには下げず、巧みにボールをキープして前線につなげた。
 
「数多くボールを触ってゴールに迫っていく。(浅野)拓磨がスピードがあるので活かしながら、スペースを使えたらと思っていました」
 
 その言葉どおり、8分には中盤でボールを奪い、浅野拓磨へスルーパスを送ると、30分には野津田岳人のフィードに抜け出して決定機を迎える。これはバーの上にふかしてしまったが、1点ビハインドで迎えた37分には、ゴール前へ抜け出した大島僚太の横パスを押し込んで同点弾をマーク。そして8分後には矢島へ正確なフィードを通して、逆転弾を演出し、その直後には浅野のクロスに頭で合わせて2ゴール目を奪ってみせた。

 試合後、中島は「点を取ったことよりも、チームが勝てたことが良かったです」と語ったが、4月末に右膝内側側副靭帯を損傷し、この試合がU-23代表での復帰戦だっただけに感慨もひとしおだろう。
 
 先制点につながる大島からのラストパスには「優しい人なので、パスが来る前に目があって、来るかなと思っていました。凄くありがたかったです」と笑みを見せる。
 
 先制点の場面は「最終予選を戦ってチームの団結力は強くなりましたし、あの崩し方はずっとやってきたことなので、それが出て良かったです」と手応えを語る。
 
 リオ五輪に行けるのは18人のみ。中島はそのなかに入り、長く身に纏ってきた10番を再び自分のモノにできるのか。7月1日のメンバー発表がますます楽しみになってきた。
 
取材・文:本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

 

最終更新:6/30(木) 4:28

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。