ここから本文です

リバプールがトランジション・サッカーの切り札を獲得!!

SOCCER DIGEST Web 6/29(水) 18:29配信

移籍金はクラブ史上3番目の51億円とも。

 ユルゲン・クロップ監督率いるリバプールが6月28日、補強ポイントの前線にアタッカーの即戦力を獲得した。
  
  新たに迎えたのは、セネガル代表のサディオ・マネ。所属するサウサンプトンに支払った移籍金は、3000万ポンド(約51億円)前後と伝えられており、事実であればクラブ史上3番目の高額となる。
 
 過大評価との声が一部にある。たしかに、初挑戦のメガクラブでどこまで活躍できるかは未知数だ。ただ、24歳と若いにうえに、昨シーズンは11得点・6アシストを記録するなどプレミアでの実績も十分。なにより、クロップ監督が標榜するトランジション・サッカーとは相性が良いだろう。
 
 CF、ウイング、トップ下と前線のあらゆるポジションに対応するマネは、ワイドエリアからの鋭い飛び出しに持ち味があり、ポジティブ・トランジション(守→攻への切り替え)の意識が非常に高く、ショートカウンターで本領を発揮するアタッカーだ。最前線からの守備も精力的にこなすだけに、いわゆるゲーゲンプレスの質を高める存在としても期待が持てる。
 
 雑になりがちだった課題のフィニッシュワークは、昨シーズンのプレーを見る限り改善傾向にあるだろう。また大舞台に強く、36節のマンチェスター・シティ戦でハットトリックを成し遂げたのは記憶に新しい。
 
 3000万ポンドが高かったかどうかの判断は、トランジション・サッカーの切り札となりうるマネの1年目を見てからでも、遅くはないはずだ。
 

最終更新:6/29(水) 18:43

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。