ここから本文です

アデル、グラストンベリーにて『サムワン・ライク・ユー』を熱唱

ローリングストーン日本版 6/29(水) 8:30配信

待望のヘッドライナーを務めたグラストンベリーで、『サムワン・ライク・ユー』を始め、ライヴ初披露となる『リバー・リー』を含む全15曲を熱唱。EU離脱に関しても言及した。

【動画あり】アデルの感動的なグラストンベリーのステージを見る

「今まで生きてきた中で最高の瞬間だわ」―― イギリスの有名な音楽フェスティバル「グラストンベリー」で 2日目待望のヘッドライナーを務めたアデルは、ライヴ中にそう叫んだ。アルバム『25』からライヴ初披露となる『リバー・リー』のほか、12曲以上のヒット曲で構成された全15曲、90分にわたるライヴのラストを飾った『サムワン・ライク・ユー』の映像がBBCで公開されいる。次頁にて公開。

巨大なライヴを前に明らかに緊張していたアデルは、ステージの上でいつになく饒舌だった。「クソッ! 間違えちゃった。グラストンベリーのヘッドライナーでやらかすなんて、最高よね」―― 初披露の『リバー・リー』でミスをしたアデルはそう言うと、初めから曲をやり直した。

NMEのカウントによると、アデルはこのライヴ中、汚い言葉を33回も口にした。公共の場で汚い言葉を使ったとしてセントキッツ島で逮捕されたアーティストがいたが、ライヴを放映したBBCからは当然、言葉に気を付けるよう警告があった。「私って、そんなにロックかしら? そんなことないけど、私は口汚いから、BBCは釘を刺しておきたかったのね。(初日のヘッドライナーを務めた)ミューズは警告なんてされなかったんじゃない?」とアデルは茶化した。

イギリスのEU離脱へのコメントと感動の映像はこちら

アデルは、最近イギリスを揺るがしているBrexit(ブレキジット:イギリスのEU離脱)問題についても簡単にコメントしており、「今起きていることは全部、ちょっと変よね。私たちはみんな、お互いを思いやらなくちゃ」と助言している。

『スカイフォール』を歌う前に、アデルは、ジェームズ・ボンド映画のテーマであるこの曲のMVが制作されなかった理由を明かした。「私は妊娠9カ月半で、いつ生まれてもおかしくない状態だった。だから、ビデオを作らなかったの。ハル・ベリーみたいなルックスじゃなきゃ、ボンドのビデオには出られないわよ」

アデルのヨーロッパ・ツアーは、グラストンベリーで盛大に幕を閉じた。今後、アデルはアメリカへ渡り、2016年7月5日と6日にミネソタ州セントポールのエクセル・エナジー・センターで行われるキックオフ・ライヴを皮切りに、『25』を引っ提げての北米ツアーをスタートする。

DANIEL KREPS

最終更新:6/29(水) 8:30

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2017年WINTER

株式会社パワートゥザピープル

2017年WINTER
12月10日(土)発売

880円(税込)

特集:The Rolling Stones
約11年ぶりの新作インタヴュー
ONE OK ROCK
SUGIZO/TAKURO
浅井健一/西島隆弘 AAA

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。