ここから本文です

直視すべき現実~欧州はこんなに中国を評価している

JBpress 6/29(水) 6:20配信

 日本人の対中嫌悪は非常に高まっており、しばしば日本では「中国は世界から孤立している」との議論も展開される。だが、各種の世論調査を見ると、必ずしもそうとは言い切れないのである。

ピュー・リサーチ・センターの調査結果(表)

 例えば、6月12日付ブルームバーグは「中国は欧州でソフトパワーを確立している」という記事を掲載し、欧州における親中感情が高まる一方で米国が没落するとの見方が広まっているという調査結果を紹介した。

 まず、その記事の要旨を紹介しよう。

■ 欧州で高まる中国の存在感と影響力

 国際的に著名な米国の世論調査機関「ピュー・リサーチ・センター」の2015年6月の調査によれば、主要な欧州諸国の大多数の人が「中国が米国に代わって世界の超大国としての立場を獲得しつつある、もしくは既にそうなっている」と認識していることが明らかになった。特にドイツとフランスでは多くの人が、米国よりもむしろ中国が世界経済を先頭に立って牽引している存在だと考えている。

 無論、エリザベス女王は「中国政府は非常に失礼な連中だ」と思っている。しかし、バッキンガム宮殿を一歩出れば、中国は影響力と友人を多く獲得しているのである。

 この調査が行われたのは中国経済が減速する前だったが、それは影響を与えないだろう。なぜなら、今や欧州諸国では中国製品が店頭を席巻しているからである。

 欧州の人々の認識が以前とは変化してきた第1の原因は、欧州を訪れる中国人観光客の数がこの4年で倍増したからである。旅行者たちの半数は若い世代であるが、彼らは欧州の若者と価値観を共有している。彼らは自由(筆者注:この場合の「自由」が“liberty”ではなく“freedom”であることに留意)を愛し、享楽的で、愛される存在である。

 第2の原因は中国系移民である。中国系移民は欧州で一生懸命、長時間の労働をこなしている。

 第3は、中国の対欧州投資が増加していることである。中国が東欧に集中投資したり、インフラ建設を手掛ける理由は、習主席が推進する「新シルクロード構想」を中欧にまでつなげるためである。中国は最優先して欧州に直接投資しており、昨年、中国企業は230億ドルをEUに投資した(米国からのEUへの投資は150億ドルだった)。米国の対欧州投資の総額は1930億ドル以上であり、いまだに優勢を保ってはいるが、勢いは中国にある。特に東欧や南欧のような貧しい国々は、中国の国営企業の投資を歓迎し、積極的に受け入れている。

 欧州諸国にとっての米国はいまだに同盟国である。だが、欧州大陸の貧しい国々や地域では、中国の忍耐強い努力が成果を上げ始めている。女王が中国の役人を気にかけないことは些末な問題である。彼らはひっきりなしにやってくるのだ――。

 以上のように、ブルームバーグ誌は米国の存在感の低下に警鐘を鳴らしているのである。

■ 世論調査やEU対中戦略を見ても際立つ中国シフト

 この指摘は正しいのだろうか。ブルームバーグ誌が引用しているピュー・リサーチ・センターが世界40カ国で実施した調査結果をもう少し詳しく見てみよう(詳細なデータを文末にまとめた)。

 データを見ると、確かに欧州では、「中国が現在の世界経済を主導している」とする見解が多数派の国が出てきている。英国、スペイン、ドイツ、フランスはその典型だ。「あくまでも米国」とするのはポーランドやイタリアぐらいである。全世界を見ると半数の国で「米国が主導している」との見方が主流であり、欧州が世界の平均以上に中国の経済的存在感を高く評価していることが分かる。

 そして、「中国は、米国に代わり世界で唯一の超大国の座を占めているか、もしくは将来的になるか」についても、欧州の主要国(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン)は60%前後が肯定的に見ている。この問いに対する全世界平均は48%、日本は20%であるから、これもかなり高い数値であろう。

1/3ページ

最終更新:6/29(水) 7:15

JBpress

記事提供社からのご案内(外部サイト)

JBpress PremiumはJBp
ressが提供する有料会員サービスです。
新たな機能や特典を次々ご提供する“進化
するコンテンツ・サービス”を目指します。