ここから本文です

韓国スポーツ界、トンデモ不祥事相次ぐ

JBpress 6/29(水) 6:15配信

 韓国の新聞の社会面は連日大賑わいだ。ロッテグループや大宇造船海洋への検察捜査など経済事件が相次いでいるが、それだけではない。スポーツ界でトンデモ不祥事が続いているのだ。

 韓国で人気のプロスポーツが相次いで不祥事に揺れている。

 ファンを仰天させたのがプロバスケットボール女子リーグで旋風を巻き起こした選手の「韓国系偽装経歴問題」だ。

 2016年6月15日、ソウル地方検察は、女子プロバスケットボール(WKBL)の富川KEBハナ銀行のエースとして2015-2016年シーズンに大活躍した「チェルシー・リー」選手歴が「韓国系」だと偽装していたと発表した。

■ 6冠王スーパー新人はいったい誰? 

 身長189センチの長身選手でシーズン当初から大活躍したこの選手。新人王、ベスト5、リバンド王など6冠に輝き、KEBハナのシーズン準優勝に大貢献した。

 この選手は、「韓国系」として登録されていた。

 「チェルシー・リー」選手は、韓国系の米国人が祖母で、この祖母とアフリカ系米国人の間に生まれた「ジェシー・リー」が父親だと説明していた。

 「祖母」は1970年代に米国で死去。両親も自分が4歳の時に事故死していたという。それでも、れっきとした「韓国系」であるとして入団していた。

 WKBLは「外国人選手」に対しては、人数制限やゲーム出場時間制限などを課している。ところが、「韓国系選手」ならば、この規制を受けない。「韓国系」の特権を使って、存分にプレーしていた。

 入団当初から、他チームからは「本当に韓国系なのか?」という疑惑が出ていた。それでも、父親の出生証明書などがあり、疑惑は静まっていた。

 ところが・・・なんと、「チェルシー・リー」選手が、特別帰化を申請して騒動が始まった。「韓国系」でなく、「韓国国籍者」になろうとしたのだ。

 この手続きのため、法務部が書類などを審査する過程で「出生証明書」などの偽造が明らかになった。

1/4ページ

最終更新:6/29(水) 8:25

JBpress

記事提供社からのご案内(外部サイト)

JBpress PremiumはJBp
ressが提供する有料会員サービスです。
新たな機能や特典を次々ご提供する“進化
するコンテンツ・サービス”を目指します。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。