ここから本文です

雨宮アナ『NEWS23』就任も、ニュース読みは大丈夫?

R25 6/30(木) 7:00配信

TBSが6月28日、元TBSアナウンサー・雨宮塔子(45歳)が『NEWS23』のレギュラーキャスターに就任することを発表し、話題となっている。

TBSではこの春同番組をリニューアルしており、日本テレビ系の報道番組『NEWS ZERO』と開始時刻をそろえたほか、メインキャスターの膳場貴子アナウンサーとアンカー・岸井成格氏の降板をはじめ、各コーナーの担当など出演者を大幅に入れ替えた。新しい出演者として、元朝日新聞特別編集委員の星浩氏がメインキャスターとして起用されていたが、TBSによれば雨宮側にキャスター就任を打診していたのは、その前から。このほど環境が整ったため、7月下旬から出演するという。

雨宮は1993年、同局に入社。同年『どうぶつ奇想天外!』、翌年には『チューボーですよ!』の初代アシスタントとなり、バラエティ番組で人気を集めたほか、『ザ・フレッシュ!』など報道番組のキャスターも務めた。

その後、西洋美術史を学びたいなどの理由から、1999年3月に退社し、パリに留学。2002年12月、パリで「パティスリー・サダハルアオキ・パリ」のオーナーシェフを務める青木定治氏と結婚。翌年には長女、2005年には長男を出産し、子育てをするかたわら、パリを拠点にしてフリーキャスター、エッセイストとして活躍していたが、2015年3月、離婚している。その後テレビ番組へのレギュラー出演はなかった。

Twitterでは、

「この人がどうのこうのとは言わないが…TBSは人材不足なのか」

と辛口な意見もあるが、人気アナだっただけに、興味をもつ人は少なくない。ただ、

「けっこう 好きだった人が 戻ってくるよ 楽しみです。 メインキャスターに抜擢って 飛躍したな」
「嬉しいけど、まさかの報道部門での復帰というのがビックリ!局アナ時代は完全なバラエティ要員だっただけに」
「わぁ、大好きなアナウンサーでした。でも原稿読むのは見たことない。どんな感じなのかな?」
「TBS女子アナ時代にニュースを読んでいるところを見たことがありませんけど...」

など、心待ちにする人もいるが、やはり“バラエティ”イメージが強く、報道番組でニュース原稿を読む印象がないという声も多数。それだけに、7月末からの『NEWS23』では、“本当の”リニューアル姿がみられそうだ。

(花賀 太)
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:6/30(木) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。