ここから本文です

ロシアの新星・メドベージェワ日本LOVEに騒然

R25 6/30(木) 16:56配信

世界フィギュアスケート選手権女子フリーが3日に開催。日本勢の最終結果は宮原知子が5位、浅田真央が7位、本郷理華が8位とメダルを逃す残念な結果となった。一方で優勝を果たしたのは、同大会初出場のロシアの新星、エフゲニア・メドベージェワ選手。女子フリーの歴代記録を更新する圧巻の演技はさることながら、日本のファンに向けた彼女の愛らしいパフォーマンスがネット上で話題になっている。

ショート3位でフリーに臨んだメドベージェワ選手は、2連続3回転などを軽やかに決め、2010年のバンクーバー五輪でキム・ヨナ選手(韓国)がたたき出した世界記録を更新する完璧な演技を見せた。氷上を華麗に舞う姿に、Twitter上では

「メドベージェワほんときれいだし綺麗なだけじゃなくミスしないし表現力もある…強い」
「ロシア勢のスケーターはやっぱり強いね。特にメドベージェワはすごかった。名前覚えとかなきゃ笑」
「メドベージェワ選手、凄い! ジャンプも演技も全てが飛び抜けてて…全てが綺麗で…本当に凄い!」

など、絶賛の声が寄せられた。しかし注目はそのあとだった。演技終了後、フジテレビによるインタビューに対応していた彼女は、初優勝の喜びやコーチへの感謝の思いなどをひとしきり話した後、「ちなみに日本のテレビですか?」とインタビュワーに駆け寄った。

「日本のファンに喜んでもらえそうなことをやりたい」と咳払いしてカメラの前に立ち、アニメ『美少女戦士セーラームーン』の主題歌「ムーンライト伝説」の歌詞を日本語で朗々と披露し始めたのだ。

「すごい!」と感嘆するインタビュワーに対し、「セーラームーンは4つのシーズンもみたし、大好き」と満面の笑みを浮かべたメドベージェワ選手にTwitter上は騒然。

「凄いよ、メドベージェワ!」
「『もしかして日本のTV!?日本のファンの皆さんに喜んでもらえることやりたいんだけど!』ってムーンライト伝説歌い出すメドベージェワが可愛すぎるんだが」
「おい誰か早くメドベージェワさんにセーラームーンコスを作って差し上げろ。エキシビ用に。」

と日本のファンの心をわしづかみにした様子。弱冠16歳の彼女。2年後の平昌五輪に向け、さらなる活躍が期待される。
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:6/30(木) 16:56

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。